「火星」の氷下に「4つの湖」を確認【研究結果】

9月28日、「ローマ・トレ大学」のSebastian Emanuel Lauro氏などによる研究チームが、天文学や宇宙物理学をカバーする学術雑誌『Nature Astronomy』に論文を掲載。

その内容は「火星の南極に氷底湖を確認した」というものだ。

この研究は、2018年に同じような内容が報告されたものの、観測データの不足を指摘されたことが始まり。当時は2012年から2015年に観測された29のデータを参考にしていたのだが、今回は2012年から2019年の134のデータをもとに、改めて氷底湖の確認を発表。

しかも、さらに3つの氷底湖も新たに発見したという。

「なぜ水が凍っていないのか?」という疑問には、研究者たちは塩分濃度が高いからと仮説を立てている。なお「European Space Agency(欧州宇宙機関)」が公開している動画によれば、まだまだ火星には発見されていない湖が存在する可能性があるとのこと。

「水があるということは、もしかして......生物も?」なんて期待が膨らむ、夢のある話だ。

Top image: © Dotted Yeti/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
火星のクレーターが写っている一枚の写真。このクレーターの表面は、白い靄のようなもので覆われているように見え、その様子がまるでスケートリンクのようだと噂に。
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
「ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培す...
いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
「こんなモノ買えるの!?」なイマドキ自販機を紹介。
火星の表面──。そう言われなければ、これが地球のどこかとも思えれば、マクロ撮影した鉱物にも思えてしまいます。「Red Planet」に形容される、赤く荒涼...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
NYでも話題の格闘系フィットネス「b-monster」から、自宅にいながら仲間とつながり、本格的エクササイズを楽しめるライブ配信アプリ「buddies」が...
「ニューヨーク植物園」にてハロウィンに合わせておこなわれる毎年恒例のイベント「Pumpkin Garden」。今年もイベントの目玉、世界最大級の「かぼちゃ...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
イーロン・マスク率いる宇宙開発企業「SpaceX」が先月27日、プロトタイプロケット「Starhopper」の飛行テストに成功。上空500フィート(約15...
パリを拠点とするスタートアップ「Interstellar Lab」が、カリフォルニアのモハーヴェ砂漠に、火星や月で生きる方法を調査、研究するための施設「E...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...