【速報】NASA「火星に塩水があることを確認、生命体がいる可能性も高い」

2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。

生命体がいる可能性も!?

複数の場所で水が流れた跡と判断できる暗い帯のような線が見えていたが、赤外線や分光計の分析で「液体の水」や「塩の結晶」の化合物が確認された。比較的気温の高い時期に水が流れていると思われ、生命体が存在する可能性も十分考えられるそうだ。

NASAの科学者Rich Zurek氏は「これまで、火星の水については遥か昔に存在していた水か氷についてしか語られてこなかったが、今回の観測でそれだけではないことが証明された。素晴らしい発見だ」とコメント。

今後は水分の発生源などを詳しく調査することで火星の成り立ちや生命体の存在、人類の生命維持をサポートできるかどうかを明らかにできるかもしれない。塩水がいくつかの場所で確認されたことで調査するべきポイントが特定されたことも大きな進歩だ。

Top Photo by  NASA/JPL/University of Arizona.

Reference:NASA, Nasa Public