夜になると光る「プランクトン」を閉じ込めたガラス玉 ベッドルームに置きたい

電池も電気も不要
光合成だけで夜光る

海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。

その明かりを丸いガラス玉に閉じ込めたオブジェがありました。これ、LEDの明かりよりも断然癒される!

夜になると、ピカっ!

直径10センチほどの手吹きのガラス玉には、数千の渦鞭毛藻(うずべんもうそう)と呼ばれる海洋性プランクトンが暮らしています。これを日中明るいところに置いて(直射日光はダメ)プランクトンたちを十分に光合成させてあげることで、こんな具合にぼんやりと発光しながらぐるぐる渦巻いて玉の中を回るんだそう。夜が深まればその分、明るさも増していくというからフシギです。

もちろん電力は不要、光合成するだけで、これだけの明かりが得られれば、ベッドサイドの照明代わりにもなるでしょ。

置いとくだけじゃない
育てるたのしみも!

ところで、ガラス玉の使い道は、夜だけとも限りません。日中は見えなくて忘れてしまいそうですが、プランクトンだって生き物。愛情を注いで育てる楽しみも当然あります。付属の餌を数ヶ月に一度与えることで、発光も持続できるそうですよ。

商品名は「Dino Sphere」、アメリカのBioPop社は、自然界の神秘をリビングアートに取り入れることをコンセプトに、ものづくりをしているデザイン集団です。

日本からもオーダー可能なDino Sphereの本体価格は59.95ドル(約6,300円)。嫌なこともすべて吹き飛ばしてくれそうな、やさしい明かりに癒されたい人はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Dino Sphere
他の記事を見る
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
1日のうちに最も無防備になるのは眠る時。だからこそ、ベッドルームにはその人の本当の姿が現れるのかもしれない。アーティストであり「Portrait Soci...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...