「6月発売」AIが香りを選んでくれるディフューザー

二子玉川 蔦屋家電や伊勢丹 新宿店で6月からの販売が決まっているルームディフューザー「Scentee Machina」。洗練された佇まいが目を引きますが、ポイントはAIが搭載されていることです。

香りの選択や強弱、広がり具合を調整するのは専用アプリから。ユーザーの好みや起動させた時間帯などの使用履歴をどんどん蓄積、分析して、最終的にはAIが香りを提案してくれるようになります。

執事がさりげなく気を利かせてくれるように、その場に応じた最適な香りを自動的に選んでくれるのです。

4本のフレグランスボトルを取り付けられるディフューザー「Quattro」が基本ですが、1本のみで使用できるタイプの「Uno」も販売中。こっちはこっちで、一定の香りに保ちたいバスルームやベッドルームで活躍しそうですね。

Top image: © SCENTEE MACHINA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
フレグランスレーベル「retaW(リトゥ)」のデスクトップディフューザー。3サイズ展開されているディフューザーのうち、もっとも小さなサイズ。
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
「Dr. Vranjes」の最高級コレクション「ROSSO NOBILE」のハンドクリームです。
ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。