これは寝室に置くべき!「サボテン型ディフューザー」

梅雨に入り、湿気まじりの嫌なにおいが部屋に溜まりがち。そこで役立つのがフレグランスディフューザー。

スティック型が主流ななか、ちょっと変化球でこんなのはどう?

アロマの香りだけじゃなく、グリーンの癒しも感じられるアイテム。

©DULTON

パッと見はサボテンだけど、立派なフレグランスディフューザー。DULTONから販売されてる。

セメントポットの中にアロマオイルが隠れていて、石膏でできたサボテンがそれを吸収すると濃い緑色に変化。空間へやさしく香りを拡散してくれる。

わざわざ化粧石が付属するこだわりようがおもしろい(笑)。愛着が湧くフレグランスディフューザーって、あまりないと思う。

「SPRING FLOWER」という香りで、柔らかな日差しを浴びて春風にそよぐ、可憐な花をイメージしたもの。フルーティーさを感じられるほどよい甘さ。

さて、これをどこに置くべきか?我が家では寝室のサイドテーブルが定位置。

ステイックタイプと比較すると、香りの広がり方はどうしても弱め。でも、それって全然ネガじゃない。あまり強く香らないほうがいい場所だってある。

そのひとつが寝室。香りが強いと眠りづらい。“ほのかに香る”くらいでちょうどいい。

©DULTON

サボテンのほか、アロエとリトルジェムもラインナップ。香りも違うので、見た目とあわせてお好みをどうぞ。オイルが切れて香らなくなってもそのまま飾れてしまうので、チョイスはしっかりと!

価格は2640円(税込)。購入はDULTONの各店舗およびオンラインストアから。

Top image: © DULTON