パリの美容薬局から「石のルームフレグランス」。

今年の4月、代官山にオープンした『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』。1803年創業した美容薬局の理念と革新性を受け継いだショップです。

開店当初から世界に先駆け日本先行発売となった紙ソープが話題となっていますが、男ならこっちかな。「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。

ものとしてはリードディフューザーに近いんですが、使ってみると香りの拡散はこちらのほうがちょっと強め。石という素材からイメージするよりも、しっかりと香ります。

また、蓋をしめることで、あえて香らせないってことも可能。例えばテーブルの上に置くなら、食事の時は蓋をしておくとか。そういう使い方ができるのも、リード式との違いです。

もの珍しいだけじゃなくて、フレグランスとして使い勝手のいいところが男としてもツボ。

石に含ませる香りは店舗で選ぶことができますよ。

A64e86b52270114caabff84b7bf7d556aef08e9314429ad88efd5eae470680226faf11f705e124b5

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
インテリアにこだわった部屋に住んでいても、なかなか統一感を出すのが難しい「ペットのお家」。そこそこ部屋の目立つところに置くことになるのに、そこだけ浮いてし...
スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
ある薬局で起きた実話を紹介します。その店には、いつも仲睦まじく寄り添い合いながら薬を買いに来る老夫婦がいました。ところが、ある日おじいさんだけが店に。その...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...