パリの美容薬局から「石のルームフレグランス」。

今年の4月、代官山にオープンした『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』。1803年創業した美容薬局の理念と革新性を受け継いだショップです。

開店当初から世界に先駆け日本先行発売となった紙ソープが話題となっていますが、男ならこっちかな。「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。

ものとしてはリードディフューザーに近いんですが、使ってみると香りの拡散はこちらのほうがちょっと強め。石という素材からイメージするよりも、しっかりと香ります。

また、蓋をしめることで、あえて香らせないってことも可能。例えばテーブルの上に置くなら、食事の時は蓋をしておくとか。そういう使い方ができるのも、リード式との違いです。

もの珍しいだけじゃなくて、フレグランスとして使い勝手のいいところが男としてもツボ。

石に含ませる香りは店舗で選ぶことができますよ。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
パリ発の総合美容専門店「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pom...
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
今クラウドファンディングで資金調達をしながら、これから開業しようとしているクスリを全く販売しない薬局「Poetry Pharmacy」。代替品は、詩です。
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
インテリアにこだわった部屋に住んでいても、なかなか統一感を出すのが難しい「ペットのお家」。そこそこ部屋の目立つところに置くことになるのに、そこだけ浮いてし...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...