僕がこんなものを持ち歩いている理由。

僕の仕事道具はズバリ「石」です。

建築物は、計画段階から完成まで時間がかかるものですから、施主さんと出来上がりのイメージを共有するために、打ち合わせ時に建材のサンプルとして持って行くんです。

青みがかったものは、徳島の現場で見つけた青石(あおいし)です。触りすぎて、少し黒ずんでしまいました。

もうひとつは、九州の伊万里で見つけた黒曜石(こくようせき)です。もともと丸っこかったのですが、脆くてポロポロ崩れるので、バッグの中でどんどん小さくなっていきました。

サンプルとしてだけじゃなく、実は触り心地も気にしているので、玉子のような形をした石が好きなんですよね。カバンやポケットの中に入れて、気が向いた時に触りながら、設計案を考えています。

干田正浩/建築家
干田正浩建築設計事務所代表。住宅から美術館、リノベーション等の設計を通して土着的な現代の建築を考えている。http://www.masahirohoshida.com/

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
これは、日本製、〈TAJIMA(タジマ)〉のスケールです。5メートルあるので、結構重くて、手にひらにずっしりきます。パキっとした黄色とシンプルなデザインが...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...