ポーチの中にそっと忍ばせたい。手づくりのソーイングセット。

手のひらにすっぽりおさまる、小さなソーイングセットです。

これは、仲良しの友人が「これ、ゆみさんにいいと思って」って、プレゼントしてくれたんですよね。

この友人からはよくプレゼントをいただくのです。どこかのお店のオリジナルではなくって、手づくりのものみたい。

フタを開けると内側がドットなんですよ。色合いもかわいいでしょう。

最初、中に入っていたのは、箱と同じ柄の糸まきだけでした。

そのあと、ボタンや糸、待ち針なんかを自分で入れて。

あとは、糸切りバサミがあれば完成!

なんですけれど、この箱にあうような、ちょうどいいサイズがなかなか見つからないのよね……。

こういうものって、仕事柄持っているものだと思われがちなんですけど、これを手に入れるまでは持ったことがなかったんです。

出番は少ないんですけど、なにかあった時に持っておくと安心するので、毎日ポーチの中に入れています。

82f00ecc5b641b6cdc7f32d9796807954732556b

石川ゆみ/布小物作家
アパレル会社等に勤務するかたわら、趣味として布小物を作り、作品展も行う。1999年より布小物の作家として始動。2003年、器と雑貨、自作の布小物を扱う店「Ekoca(イコッカ)」(東京・恵比寿)を友人と共に始める。2008年より作家活動に専念。各地で開催するワークショップは常に満員御礼。肩の力の抜けた愛らしくナチュラルで優しいデザインの作品は、幅広い年齢層に支持されている。http://yumi-ishikawa.com/

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...