日本文化を「パリ流」で楽しむと、おにぎりはこうなった。

私たちがいつも目にしていて、もっとも馴染みのある携行食である「おにぎり」。

好きな具を入れた塩気のある白米を、海苔で包んだあのフォルム。売っている場所と言われてパッと思いつくのは、コンビニやお弁当屋さんでしょう。まさかそこに、<美容薬局>だなんて候補は、チラつきもしないと思います。

『BULY』パリ2号店に、
おにぎり屋が登場

1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局を、3年前にリブランドして、理念と革新性を受け継いだ『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。今年4月には、代官山にオープンしたことで話題になりました。日本初上陸、世界中では5ヶ国目。パリの本店に足繁く通っている日本人女性も多かったようで、オープン当初はものすごい賑わいだったそう。

上の写真は夏にオープンしたパリの2号店で、カフェやお花屋さんを併設したマレー店です。カウンター席の奥にある、ショーケースにご注目。

この店内に、まさか「おにぎり」は似合わないだろうと思っていたけれど、びっくり。“おめかし後”の姿で、綺麗にショーケースに並べられれば、場に劣らず、ちゃんとパリに馴染んでいます。私たちの、知っているようで知らなかった表情。

左のボードに書かれたメニューをズームして見てみると、一番上には<NANIKORE>という文字。……え?ナニコレ?

このおにぎり屋の名前は、<NANIKORE ONIGIRI>なのです。思わぬキャッチーな響きに、クスッと笑ってしまいました。大のおにぎり好きであるBULYのオーナー、ラムダン・トゥアミのアイディアで生まれたのだそう。

正確な三角形に握られたお米に、ビジュアルを意識して全体を包むのではなく、よく見るイラストのようにカットされている海苔。ベーシックな白米や、ゆかりご飯もあるけれど、カレーピラフ、パエリヤのような変わり種もあります。

そしてやっぱり気になるのは、この添えられているアーモンド。まさか…。フランスの投稿文を翻訳してみたけれど、おそらく1番奥の味付けは、ローストしたアーモンドのよう。さすがはパリ、一歩先の挑戦をしているのだなと思っていたら、もっと衝撃の新参者に出会ってしまいました。

これは……!?

間違いありません、生チョコレートです。日本人からすると、想像以上の組み合わせ。口に入れるとなると勇気が必要ですよね、口コミを見てみると、「おはぎの進化を感じた」との声がありました。ほぅ……。

フランスでは、お米を牛乳で煮て、フルーツやシナモンを添えるデザートを幼い頃から食べる文化があるので、意外と評判がいいのかもしれません。他にも、<キャラメル&りんご>などがあるようです。

たしかにこうして見てみると、<ONIGIRI>だけではなく、<NANIKORE>が頭につくこともわかります。パリの地になると、おにぎりという日本の食文化は、思いもしなかった嗜好や習慣によって、あたらしい姿になっていました。けれど、思いを込めてていねいに手で握ったり、忙しくても食べやすいよう包んで届けるという心は、そのまま生きているのです。

いつか日本にも、BULYがプロデュースする“フランス人好みの”おにぎり屋ができたら、食べに行ってみたいですね。

Licensed material used with permission by Officine Universelle Buly
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
世界に誇るフィンガーフードのひとつとして、「おにぎり」を挙げないわけにはいきません。だけど、これを日本固有のものと決めつけてしまうのは、どうやら早計。お米...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。