【意外な結果】若者が一番暮らしやすい都市はパリ!果たして東京は?

世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?

■世界で最も暮らしやすいのはパリ!?

第1位は、フランス・パリ。その後に、カナダ・トロント、アメリカ・ロサンゼルス、アメリカ・シカゴ、ドイツ・ベルリンと続いていく。日本・東京は第9位だ。

ここで最も若者が暮らしやすい都市とされているパリ。けれども、この街は世界の中でも物価の高い地域。だから、もしかしたら、あなたはこの結果にちょっとピンとこないかもしれない。しかし、物価だけでなく、ある別の視点を加えて眺めてみると、このランキングの意味がわかってくるのだ・・・。

■「最低賃金」と暮らしやすさの関係

ここでの評価の大きな指標、それは最低賃金だ。

若者が働きながら生活する時の、その対価と物価の関係が指標になっている。つまり、どれくらいの労働時間で生活費を賄うことができるか、ということなのだ。

フランス・パリの最低時給はなんと12.84USドル。ドイツ・ベルリンは、11.86USドル。この金額は、日本・東京の10.20USドル、アメリカ・ニューヨークの8USドルを大きく上回っている。

この調査によると、映画館の入場料が最も安いのはイタリア・ローマ。最低賃金で0.92時間働くと1本の映画を観ることができる。ドイツ・ベルリンは0.94、フランス・パリは1時間働けば映画館の入場料分のお金を手に入れることができる。

また、ベルリンでは、卵などの生鮮食品やファストフードなども最低賃金をベースにしてみると安価だという。多くの若者は、お金をあまり持っていない。だから、最低賃金と生活費の関係はとても重要なのだ。

華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。