【意外な結果】若者が一番暮らしやすい都市はパリ!果たして東京は?

世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?

■世界で最も暮らしやすいのはパリ!?

05f60f067f76c8e3f1d881cf8d69bca135fa33cd

第1位は、フランス・パリ。その後に、カナダ・トロント、アメリカ・ロサンゼルス、アメリカ・シカゴ、ドイツ・ベルリンと続いていく。日本・東京は第9位だ。

ここで最も若者が暮らしやすい都市とされているパリ。けれども、この街は世界の中でも物価の高い地域。だから、もしかしたら、あなたはこの結果にちょっとピンとこないかもしれない。しかし、物価だけでなく、ある別の視点を加えて眺めてみると、このランキングの意味がわかってくるのだ・・・。

■「最低賃金」と暮らしやすさの関係

5be9ac46e418cfa0fb3310a8940ed47de015320e

ここでの評価の大きな指標、それは最低賃金だ。

若者が働きながら生活する時の、その対価と物価の関係が指標になっている。つまり、どれくらいの労働時間で生活費を賄うことができるか、ということなのだ。

フランス・パリの最低時給はなんと12.84USドル。ドイツ・ベルリンは、11.86USドル。この金額は、日本・東京の10.20USドル、アメリカ・ニューヨークの8USドルを大きく上回っている。

この調査によると、映画館の入場料が最も安いのはイタリア・ローマ。最低賃金で0.92時間働くと1本の映画を観ることができる。ドイツ・ベルリンは0.94、フランス・パリは1時間働けば映画館の入場料分のお金を手に入れることができる。

また、ベルリンでは、卵などの生鮮食品やファストフードなども最低賃金をベースにしてみると安価だという。多くの若者は、お金をあまり持っていない。だから、最低賃金と生活費の関係はとても重要なのだ。

華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...