パリ・セーヌ川でボートに揺られながら映画を観る至高の体験

ソーシャル・ディスタンスが叫ばれるなかで、ドライブインシアタードライブインライブなるものが流行中。

世界各地の文化施設でさまざまな工夫により営業が開始されているようだが、フランスでは“オン・ザ・リバー・シアター”なるものが誕生するようだ。

それも会場に選ばれたのは、パリを流れるセーヌ川

川辺に巨大なスクリーンが設置され、観客は用意された2~6人乗りの電気ボート38隻に乗り、ボートから映画を観賞することができるという。

上映されるのは、2018年に公開されたジル・ルルーシュ監督によるコメディ映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』。中年男性たちがシンクロチームに挑戦するという物語で、国内外で高い評価を得た作品とのこと。

また、同上映のチケットは無料であり、38隻分のボートの座席は抽選とのこと。注目度も高いだけに、かなり高倍率になるかもしれない。

それにしても、セーヌ川に浮かびながら映画観賞とは、なんとも贅沢な体験である……。

© QueFaireAParis/Twitter
Top image: © iStock.com/Georgijevic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...