パリ・セーヌ川でボートに揺られながら映画を観る至高の体験

ソーシャル・ディスタンスが叫ばれるなかで、ドライブインシアタードライブインライブなるものが流行中。

世界各地の文化施設でさまざまな工夫により営業が開始されているようだが、フランスでは“オン・ザ・リバー・シアター”なるものが誕生するようだ。

それも会場に選ばれたのは、パリを流れるセーヌ川

川辺に巨大なスクリーンが設置され、観客は用意された2~6人乗りの電気ボート38隻に乗り、ボートから映画を観賞することができるという。

上映されるのは、2018年に公開されたジル・ルルーシュ監督によるコメディ映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』。中年男性たちがシンクロチームに挑戦するという物語で、国内外で高い評価を得た作品とのこと。

また、同上映のチケットは無料であり、38隻分のボートの座席は抽選とのこと。注目度も高いだけに、かなり高倍率になるかもしれない。

それにしても、セーヌ川に浮かびながら映画観賞とは、なんとも贅沢な体験である……。

© QueFaireAParis/Twitter
Top image: © iStock.com/Georgijevic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事