渋谷の街でフランス映画に酔いしれる「SHIBUYA de French Cinema」が開幕

この冬、渋谷ではフランス映画の上映が目白押し!

「Bunkamura ル・シネマ」では今月13日からルイ・ガレル監督作品『パリの恋人たち』、20日からはオリヴィエ・アサイヤス監督作品『冬時間のパリ』の上映がスタート。

「シアター・イメージフォーラム」では21日から「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」と題した彼女の特集上映も開始(なかには日本初公開のものも)。

これらに合わせ、両館では豪華賞品が当たるスタンプラリーを開催。劇場をまたいで上記3作品を鑑賞し、すべてのスタンプを集めた来場者に、レストラン「ドゥマゴ パリ」のペアチケット、セレクトショップ「Astier de Villatte」のノート&ペン、3作品の非売品オリジナルトートバッグなどをプレゼント。

自分の人生も他人の人生も愛し、遠くの絶景よりも目の前の生活を愛す。そんなフランス人のエスプリに酔いしれる年末……なんてかなりロマンチックかも?

■SHIBUYA de French Cinema上映作品

©2018 Why Not Productions

『パリの恋人たち』(2018)

アベルは同棲中のマリアンヌの妊娠に喜ぶも、父親は友人のポールだと別れを告げられる。潔く身を引いたアベルは、それから8年後にポールの葬儀で彼女に再会する。ぐっと距離を縮めた二人だったが、マリアンヌの息子やポールの美しい妹に翻弄され、アベルの望むようにはことは運ばず……。主演も兼ねるルイ・ガレルの監督第二作は、トリュフォーはじめフランス恋愛映画のエスプリを感じさせる珠玉のロマンティック・コメディ。

©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

『冬時間のパリ』(2018)

敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようとしていた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、彼の作風を古臭いと感じているアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だ。「私達は時代の変化を受け入れなきゃいけないの?」二人の議論は周囲に飛び火し、思わぬ騒動に発展していく。名匠オリヴィエ・アサイヤス監督がパリの出版業界を舞台に贈る、迷える大人達のためのラブ・ストーリー。

©varda estate

「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」

2019年3月29日、映画史にその名を刻む女性監督アニエス・ヴァルダがパリの自宅で息を引き取った。享年90歳。前月ベルリン国際映画祭の公式上映で元気な姿を見せたばかりで、突然の訃報だった。遺作となった『アニエスによるヴァルダ』(2019)は、60年以上に及ぶ創作の歴史を、自ら語り尽くすセルフ・ポートレイト。そのチャーミングな人柄と、時代をけん引してきた力強さに心揺さぶられるドキュメンタリーだ。本作の公開に際して、ヌーヴェル・ヴァーグ誕生前夜の伝説的劇映画デビュー作『ラ・ポワント・クールト』(1954)、事務所兼自宅を構えるパリ14区の商店街を点描したドキュメンタリーの傑作『ダゲール街の人々』(1975)も本邦初公開となる。

『SHIBUYA de French Cinema』
スタンプラリー
【応募方法】応募用紙に3作品すべてのスタンプを押印し、必要事項を記入のうえ、劇場内にある応募箱に投函
【応募用紙・応募箱の設置劇場】Bunkamura ル・シネマ、シアター・イメージフォーラム
【スタンプ設置劇場】『パリの恋人たち』『冬時間のパリ』はBunkamuraル・シネマ、「アニエス・ヴァルダ特集」はシアター・イメージフォーラム
【応募期間】2019年12月13日~2020年1月31日

Licensed material used with permission by Bunkamuraル・シネマ
Top image: © Bunkamuraル・シネマ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
ミレニアル世代に特化した宿泊体験ができる 渋谷にオープンした最先端のライフスタイルホテルThe Millennials Shibuya〒150-0041 ...
ここでしか味わえない渋谷最高峰の絶景地上230mから見渡せる展望施設がオープンSHIBUYA SKY〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目24-12h...
「若者の街」から「大人の街」へと変貌を遂げつつある渋谷。今回はそんな世界から熱視線を浴びる渋谷の定番観光スポットから、知る人ぞ知るディープな穴場まで、20...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
「SHIBUYA QWS」で誕生したプロジェクトチームにより、”集まらないで渋谷らしく楽しむハロウィン”の推進プロジェクトが始動。仮装気分が毎日味わえるハ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
先週末20日に緊急閉店した「渋谷センター街店」の跡地にできた「バーガーキング SHIBUYA GHOST STORE」。これは “世界唯一”のゾンビ向けの店舗。
11月1日に渋谷駅直結の複合施設「渋谷スクランブルスクエア」がオープンするのに先立ち、「TABI LABO」は一番の注目でもある渋谷エリア最高峰の展望施設...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
フレグランスのセレクトショップ「NOSE SHOP」が2021年1月15日より、同日から公開する映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』の特別キャンペ...
渋谷駅の真上、地上約230mにできる屋上天望空間「SHIBUYA SKY」。9月頭から入場チケットの先行販売をスタート。入場チケットは12月からはじまる窓...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...