この映画を観たら、あなたもきっとパリで迷子になりたくなるはず

主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドがじつにユニークだ。映画を観る前に知っておくとより作品を楽しめると思うので、周知の人もいるかもしれないが、念のために紹介しておく。

じつは、この夫婦、正真正銘の現役道化師。出会いは、パリにある「ジャック・ルコック国際演劇学校」。そこで、演劇について学んだ後、ベルギーやフランスを拠点に道化師としてのキャリアをスタートした。やがて、創作演技で世界各地を巡業して、その後、映画の世界へ足を踏み入れたという変わったキャリアを持つ。

2人の真骨頂は、道化師ならではの身体表現で魅せる作風にあり、ジャック・タチやバスター・キートンを思い起こさせる。劇中での不思議な動きやダンスシーンは、独創的なスタイルを生んでいる。 今回、長編4作目となる『ロスト・イン・パリ』は、世界の映画シーンで注目を集めている。

人生の本質に迫る
コメディ

Fb2dd8b4f0c5517a764bea1f5f9d2927b25d73dc

この作品全体を包むエッセンスは、コメディである。しかし、登場人物は決してハッピーではない。人生経験に乏しい女、ホームレスの男、そして、認知症を発症させた老婆。この3人が人生に迷いながら現実に立ち向かうというストーリー設定だ。

それにもかかわらず、スクリーンから悲壮感が微塵も伝わってこないのは、絶妙に仕掛けられた笑いのおかげ。

アベル&ゴードン曰く「この映画では、死、選択の自由、孤独や団結をテーマにして、本質的な物事を描くためにユーモアを利用した」とのこと。その結果、暗さや惨めさのない現代的なストーリー展開となっているのだ。

B53ea69bebdc04dee4ba5242e71e3064975c5accCa103841fa481be786ccf4457856f4703d641a27

思わず夏のパリを
訪れた気分に

本作品を明るくしているもう1つの要素は、夏の光が溢れるパリにある気がする。

実際にパリの街中で撮影された映像には、エッフェル塔、セーヌ川、パリの自由の女神といった名所だけではなく、古いアパルトマンや街角のカフェ、さらには、コインランドリーまでのリアルなパリの姿を確認することができる。それも、大きな見どころの1つ。

ときおり、強い日差しに照らされた街並、もしくは、どこまでも美しく輝くセーヌ川沿いの夜景、さらには、エッフェル塔から街全体を眺める朝焼けのシーンなどがスクリーンに登場すると、まるでパリに訪れた気分に浸れるだろう。

種明かしをすると野暮になるからやめておくが、ラストシーンでは思わずホロリとなってしまった。観終わった後は、きっとパリで迷子になりたくなるはず。

F0584620379e4007de4e51308b8d17da7802007073eaafa4209a01e81fe624065973ddac14afd8c811d80b24b2008d68f0be6c8edda54c03a45cbe0d8b5478461b97126dda99d6231133129d10723ec0

フィルムの細部にまで凝ったカラーリングは、まるで「飛び出す絵本」を思わせる。アベル&ゴードンのコミカルな動きはクセになること間違いなしだ。気になる人は、以下のトレーラーをチェックしてみよう。

『ロスト・イン・パリ』
2017年8月より渋谷ユ−ロスペースほか全国順次公開!公式サイトは、コチラ

©Courage mon amour-Moteur s'il vous plaît-CG Cinéma

Licensed material used with permission by ロスト・イン・パリ
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...