この映画を観たら、あなたもきっとパリで迷子になりたくなるはず

主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドがじつにユニークだ。映画を観る前に知っておくとより作品を楽しめると思うので、周知の人もいるかもしれないが、念のために紹介しておく。

じつは、この夫婦、正真正銘の現役道化師。出会いは、パリにある「ジャック・ルコック国際演劇学校」。そこで、演劇について学んだ後、ベルギーやフランスを拠点に道化師としてのキャリアをスタートした。やがて、創作演技で世界各地を巡業して、その後、映画の世界へ足を踏み入れたという変わったキャリアを持つ。

2人の真骨頂は、道化師ならではの身体表現で魅せる作風にあり、ジャック・タチやバスター・キートンを思い起こさせる。劇中での不思議な動きやダンスシーンは、独創的なスタイルを生んでいる。 今回、長編4作目となる『ロスト・イン・パリ』は、世界の映画シーンで注目を集めている。

人生の本質に迫る
コメディ

この作品全体を包むエッセンスは、コメディである。しかし、登場人物は決してハッピーではない。人生経験に乏しい女、ホームレスの男、そして、認知症を発症させた老婆。この3人が人生に迷いながら現実に立ち向かうというストーリー設定だ。

それにもかかわらず、スクリーンから悲壮感が微塵も伝わってこないのは、絶妙に仕掛けられた笑いのおかげ。

アベル&ゴードン曰く「この映画では、死、選択の自由、孤独や団結をテーマにして、本質的な物事を描くためにユーモアを利用した」とのこと。その結果、暗さや惨めさのない現代的なストーリー展開となっているのだ。

思わず夏のパリを
訪れた気分に

本作品を明るくしているもう1つの要素は、夏の光が溢れるパリにある気がする。

実際にパリの街中で撮影された映像には、エッフェル塔、セーヌ川、パリの自由の女神といった名所だけではなく、古いアパルトマンや街角のカフェ、さらには、コインランドリーまでのリアルなパリの姿を確認することができる。それも、大きな見どころの1つ。

ときおり、強い日差しに照らされた街並、もしくは、どこまでも美しく輝くセーヌ川沿いの夜景、さらには、エッフェル塔から街全体を眺める朝焼けのシーンなどがスクリーンに登場すると、まるでパリに訪れた気分に浸れるだろう。

種明かしをすると野暮になるからやめておくが、ラストシーンでは思わずホロリとなってしまった。観終わった後は、きっとパリで迷子になりたくなるはず。

フィルムの細部にまで凝ったカラーリングは、まるで「飛び出す絵本」を思わせる。アベル&ゴードンのコミカルな動きはクセになること間違いなしだ。気になる人は、以下のトレーラーをチェックしてみよう。

『ロスト・イン・パリ』
2017年8月より渋谷ユ−ロスペースほか全国順次公開!公式サイトは、コチラ

©Courage mon amour-Moteur s'il vous plaît-CG Cinéma

Licensed material used with permission by ロスト・イン・パリ
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
ルイ・ガレルとアニエス・ヴァルダの3作品が立て続けに上映スタート。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...