1人7役を演じきったノオミ・ラパスは、カメレオンのようだ。

主演はスウェーデン映画『ミレニアム』三部作で世界的な注目を集めて、ハリウッドデビュー後も、一作ごとにキャリアを積み上げているノオミ・ラパス。本作における彼女の役柄は、個性バラバラな7つ子の姉妹だ。

脚本は映像化されていない優秀な脚本をランキングする「ブラックリスト」2010年版の上位にあった作品を改筆した意欲作とのこと。7人のノオミが同時にスクリーンに登場するシーンでは、思わず目が点になってしまった。

7姉妹を演じ分ける
圧倒的な演技力

7つ子のキャラクターは、真面目な優等生、自由奔放なヒッピー、血気盛んな武闘派、反逆者、天才エンジニア、パーティーガール、慈愛に満ちた仲介者。ノオミは、そんなバラバラな個性を持つ7人を変幻自在に演じ分けている。その変わり具合は、まるでカメレオンのようでもある。

この7姉妹を演じることについては、ノオミ自身が子供の頃に引越しが多く、その時々の環境に適応してきたという生い立ちがプラスに作用したとのこと。撮影現場では、ノオミは自分が演じる他の姉妹の台詞をイヤーピースで聞いて、他の姉妹の姿を想像しながら台詞を喋っていたそうだ。

1卵性7姉妹 VS 超管理社会

ストーリーの舞台は、リアルな近未来。世界的な人口過多と食料不足によって、厳格な1人っ子政策が敷かれている。そこでは、もし、2人目の子供が生まれたら「児童分配局」によって親から引き離され、地球の資源が回復される日まで冷凍保存される。街のいたるところでは検問所が設けられ、人々が厳しくコントロールされる。そんな超管理社会がバックグラウンドとなっている。

そんな中、7姉妹は誕生するが、父親は不明で母親は出産と同時に死亡。7姉妹は、その後、唯一の身よりである祖父に引き取られて育てられる。祖父は、7人をMonday(月曜)、Tuesday(火曜)、Wednesday(水曜)、Thursday(木曜)、Friday(金曜)、Saturday(土曜)、Sunday(日曜)と曜日で命名。そして、「児童分配局」に見つからずにサバイバルする方法を教え込んでいく。それは、自分の曜日にだけ外出して、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。しかし、ある夜Mondayが帰宅しなかったことで、姉妹の日常は狂い始めるー。 

これ以上は、ネタバレになるので書かないが、このさわり、充分に魅力的ではないだろうか。エンターテインメントとして純粋に楽しめる作品となっている。

『セブン・シスターズ』
2017年10月21日(土)より、新宿シネマカリテほかにて絶賛上映中。公式サイトは、コチラ

©SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

Licensed material used with permission by セブン・シスターズ
他の記事を見る
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
チベットと聞いて思い出すのは、頭痛だ。僕が滞在したのは一週間。映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にかけて“セブン・デイズ”の滞在だったのだが、毎朝ひ...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...