公開当時、フランスで上映禁止となった問題作

昨今、テレビやネットで連日のように世間をにぎわせている不倫問題。

これほどまでに不倫が流行っているのは、IT技術の進歩によるところも大きいのだと想う。実際、ゲーム感覚で複数の相手と不倫を愉しむ者もいるようだ。

かつて、ヨーロッパにおいて「恋愛は12世紀の発明」と言われていた。が、じつは、そのベースが不倫だったことはあまり知られていない。また、歴史的な観点からみれば、古今東西の社会で様々な不倫を禁じる試みが行われたけど、それらの大半は失敗に終わってしまったとのこと。

本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密かな愉しみは、なんとお互いの不倫相手とのセックスを報告しあうことだった。

早すぎた傑作

5981277421305856

『危険な関係』は、公開当時、本国のフランスで上映禁止となった。また、海外輸出禁止にもなったという経緯を持つ問題作。

しかしながら、1960年代のパリの上流社会を描くモノクローム映像は、どこまでもスタイリッシュ。

また、恋愛の駆け引きを巧みに描いたストーリー展開からは、一時も目が離せない。その完成度の高さは、約60年もの時間を経たとは想えないほどだ。

夢の豪華共演

6042608212115456

女たらしの主人公を演じたのは、フランス映画史上で伝説の俳優と称されるジェラール・フィリップ。女性を巧みに口説き落とすシーンでは、彼自身のモノローグによって臨場感たっぷりで、僕自身がその場面に入り込んでしまったように感じられた。

4802837984837632

また、妻役を演じるのは、ヌーヴェル・ヴァーグ(1950年代後半から1960年代前半にかけてのフランスで自由に映画制作を行った若手グループ)のミューズであったジャンヌ・モロー

ジャンヌは、フランス映画界を象徴する大女優として愛され、昨年他界した。そんな彼女の出世作のひとつとなったのが、本作品なのだ。

さらに、本作後の映画『男と女』でセンセーショナルを巻き起こしたジャン=ルイ・トランティニャン。そして、前衛的な作品で知られる作家のボリス・ヴィアンなど、かつてない夢の豪華共演となった。

監督はプレイボーイ

5983864199577600

本作品でメガホンをとったのは、ロジェ・ヴァディム監督

プレイボーイとして有名な彼は、美貌の女優たちと浮名を流してきた。特筆すべきは、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダなど、そうそうたる顔ぶれなのだ。

著書『我が妻バルドー、ドヌーヴ、J・フォンダ』では、抱いた女優との恋愛遍歴を告白している。

4906623722061824

ちなみに、本作品で出演しているアネット・ヴァディムは当時のワイフ。この監督は、自分の妻を映画に出演させるのが得意技みたい。4人のワイフが全員女優なのは、あのリュック・ベッソンと同じ。そう言えば、ロジェもリュックもフランス生まれ。

うーん。フランスの映画監督は、どうやら女優を口説くのが好きなようだ。

劇中を彩るのは、ジャズの名曲たち。今宵は、大人の世界に一歩、足を踏み入れてみるのはいかがだろう?

© 1960 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS

『危険な関係』
2018年3月24日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAにて絶賛上映中。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by 危険な関係
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
独断と偏見でピックアップしました。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
Netflixで公開中のアンジェリーナ・ジョリー最新作『最初に父が殺された』は、カンボジアの作家であるルオン・ウンによる手記『最初に父が殺された(原題:F...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
2015年12月18日、ついに新たな『スター・ウォーズ』3部作の第一弾となる『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』が全国同時刻スタートで公開される。あの...
主演はスウェーデン映画『ミレニアム』三部作で世界的な注目を集めて、ハリウッドデビュ後も、一作ごとにキャリアを積み上げているナオミ・パラス。本作における彼女...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。