公開当時、フランスで上映禁止となった問題作

昨今、テレビやネットで連日のように世間をにぎわせている不倫問題。

これほどまでに不倫が流行っているのは、IT技術の進歩によるところも大きいのだと想う。実際、ゲーム感覚で複数の相手と不倫を愉しむ者もいるようだ。

かつて、ヨーロッパにおいて「恋愛は12世紀の発明」と言われていた。が、じつは、そのベースが不倫だったことはあまり知られていない。また、歴史的な観点からみれば、古今東西の社会で様々な不倫を禁じる試みが行われたけど、それらの大半は失敗に終わってしまったとのこと。

本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密かな愉しみは、なんとお互いの不倫相手とのセックスを報告しあうことだった。

早すぎた傑作

『危険な関係』は、公開当時、本国のフランスで上映禁止となった。また、海外輸出禁止にもなったという経緯を持つ問題作。

しかしながら、1960年代のパリの上流社会を描くモノクローム映像は、どこまでもスタイリッシュ。

また、恋愛の駆け引きを巧みに描いたストーリー展開からは、一時も目が離せない。その完成度の高さは、約60年もの時間を経たとは想えないほどだ。

夢の豪華共演

女たらしの主人公を演じたのは、フランス映画史上で伝説の俳優と称されるジェラール・フィリップ。女性を巧みに口説き落とすシーンでは、彼自身のモノローグによって臨場感たっぷりで、僕自身がその場面に入り込んでしまったように感じられた。

また、妻役を演じるのは、ヌーヴェル・ヴァーグ(1950年代後半から1960年代前半にかけてのフランスで自由に映画制作を行った若手グループ)のミューズであったジャンヌ・モロー

ジャンヌは、フランス映画界を象徴する大女優として愛され、昨年他界した。そんな彼女の出世作のひとつとなったのが、本作品なのだ。

さらに、本作後の映画『男と女』でセンセーショナルを巻き起こしたジャン=ルイ・トランティニャン。そして、前衛的な作品で知られる作家のボリス・ヴィアンなど、かつてない夢の豪華共演となった。

監督はプレイボーイ

本作品でメガホンをとったのは、ロジェ・ヴァディム監督

プレイボーイとして有名な彼は、美貌の女優たちと浮名を流してきた。特筆すべきは、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダなど、そうそうたる顔ぶれなのだ。

著書『我が妻バルドー、ドヌーヴ、J・フォンダ』では、抱いた女優との恋愛遍歴を告白している。

ちなみに、本作品で出演しているアネット・ヴァディムは当時のワイフ。この監督は、自分の妻を映画に出演させるのが得意技みたい。4人のワイフが全員女優なのは、あのリュック・ベッソンと同じ。そう言えば、ロジェもリュックもフランス生まれ。

うーん。フランスの映画監督は、どうやら女優を口説くのが好きなようだ。

劇中を彩るのは、ジャズの名曲たち。今宵は、大人の世界に一歩、足を踏み入れてみるのはいかがだろう?

© 1960 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS

『危険な関係』
2018年3月24日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAにて絶賛上映中。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by 危険な関係

関連する記事

ルイ・ガレルとアニエス・ヴァルダの3作品が立て続けに上映スタート。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
4月5日、「Starbucks Coffee Korea(スターバックス コーヒー コリア)」は、2025年までに全店で使い捨てカップを廃止すると発表。使...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
米国で2番目の規模を誇る大手映画館グループ「リーガル・シネマズ」が、10月5日、全米にある536の映画館のすべてを閉鎖すると発表。閉鎖の原因は、新型コロナ...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
Netflixで公開中のアンジェリーナ・ジョリー最新作『最初に父が殺された』は、カンボジアの作家であるルオン・ウンによる手記『最初に父が殺された(原題:F...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
フランスで「iPhone 12」シリーズを購入する場合は「イヤーポッズ」が付いてくるそうだ。
今年も「アップリンク」の「見逃した映画特集」が開催。12月18日(木)〜2021年1月21日(金)、渋谷・吉祥寺・京都の3館で延べ100作品以上が上映予定。
『007』シリーズの新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が新型コロナウイルスの影響を受けて公開日を再び延期。そんななかで、作品に登場する最新のタイアッ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
今年の「国際女性デー」にイギリスのフローリスト「Interflora」が男女の格差を“赤” と“白”のバラで表現したキャンペーンが話題となっている。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。