「ベネチア国際映画祭」でプレミア上映された「VRアニメ」が日本初公開

世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観られるように!

12月19日から「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」の「VirtuaLink」にて、最新の体験型VRコンテンツ『Feather』の上映がスタートする。

本作品は今年の「ベネチア国際映画祭」のVR部門にてプレミア上映された作品。ほかにも「ジュネーブ国際映画祭」やアジア最大規模の映画祭「釜山国際映画祭」などに招待されており、世界での注目度は高い。

日本では今回が初公開。3DCG・VRアーティストの伊東ケイスケによる優しくあたたかな世界観に、ピアニストの森下唯が少女の心情の変化に合わせた心に染み渡るような音楽を添える。

このバレリーナを目指す少女の物語では、観るものが思い思いにその世界を楽しむうちに深くストーリーに入り込み、やがて「手をさしのべる」ことで主人公の夢をそっと後押しすることに。少女の成長とともに姿を変えていく空間はVRならでは。体験後には静かな感動と余韻に包まれることだろう。

詳細はこちらでチェックを。

© コニカミノルタプラネタリウム株式会社
© コニカミノルタプラネタリウム株式会社
© コニカミノルタプラネタリウム株式会社

『Feather』作品概要

【期間】2019年12月19日(木)~ ※上映終了時期未定
【時間】約30分 ※VR機材の着脱含む
【料金】大人1,500円、子ども(7歳以上中学生未満)900円
【場所】コニカミノルタプラネタリア TOKYO VirtuaLink
※7歳未満のお子様は体験不可
※オンライン事前購入は12月5日(木)開始

Top image: © コニカミノルタプラネタリウム株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事