約250作品を上映。アジア最大級の国際短編映画祭が6/4開幕【鑑賞券は無料】

 

20周年を迎える映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)』が6月4日(月)より開幕!130を超える国と地域から集まった、1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。

どれ観よっかな〜?

 

テーマ別で組まれたプログラムは、「アカデミー賞」「カンヌ」「インターナショナル」「アジア インターナショナル&ジャパン」「台湾・高雄映画祭」「ファッションショート」「戦争と生きる力」「キッズ」「VR SHORTS」「ノンフィクション」など、多様。上映されるラインナップも毎日異なります。自分の興味に合うプログラムを見つけて、ぜひ足を運んでみて!

 

ちなみにわたしが気になっているのは、この3作品。

『ヘタの生き方』(インターナショナルプログラム)

 

キービジュアルがよく見ると所々奇妙。バスタブに溜まっているのはピンクのお湯(もしかしたらお水かも)だし、サイドテーブルには目玉焼きが入った瓶が置かれているし。

ヘタという主人公とその彼女の日常を描いたスイスのアニメ映画ですが、このワンシーンから想像するに、ただならぬ日常なんでしょうね。気になる。

『王様の選択』(アジア インターナショナル&ジャパンプログラム)

 

「俺ってぶっちゃけ、裸じゃない?」

本作品のキャプションです。きっと主人公である柄本時生のセリフでしょう。

いやいや、どこからどう見ても裸ですよね。なのにどうして自分が裸かどうか確認しなきゃいけないんだろう?『裸の王様』をリメイクしたストーリーのようですが、にしてもこのキービジュアル、みんな裸ってどういうこと?何が起こったの?いろいろ気になります。

『Elle Fanning’s Fan Fantasy』(ファッションプログラム)

 

内容はエル・ファニングが自分の本名をただただ弄り続けるというもの。ファッションショートフィルムなのでセットや衣装はもちろん気になる。けれど、彼女が繰り広げるギャグにも興味津々です。

よし、全部観よう

 

上記3作品に加え、ジョージ・ルーカスによるSFファンタジー『エレクトロニック・ラビリンス』、ジャン・リュック・ゴダールの『シャルロットとジュール』、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の『スター誕生』もおさえておきたいところ。あ、今年のアカデミー賞で短編実写部門を受賞した『サイレントチャイルド』もですね。

 

トークイベントなどの特別プログラムは有料ですが、鑑賞券はすべて無料。よしっ、気になる作品はぜんぶ観ちゃおっと。そうとなればさっそく予約しなきゃ、6月は忙しくなりそう(ワクワク)!

 

『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2018』

 

会期:2018年6月4日(月)〜2018年6月24日(日)

会場:表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿、アンダーズ 東京 Andaz Studio、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、シダックスカルチャーホール、六本木ヒルズ ヒルズ カフェ / スペース、ほか

※開催期間は各会場によって異なります

 

Licensed material used with permission by Short Shorts Film Festival & Asia
 広告業界では、スマホで観る動画に最適な時間は1分程度だと言われています。もちろん、内容にもよるけれど、いち視聴者として納得です。InstagramでもF...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
東日本大震災から7年。あの光景は忘れていないし、忘れてはいけないと、心に刻んでいます。そして、未曾有の出来事がいつ自分の身に起きてもおかしくないのだと、こ...
カンヌ映画祭2009・特別名誉賞、ベルリン国際映画祭2010・特別奨励賞、サンダンス映画祭2010・国際短編映画制作審査員賞という華々しい受賞歴を誇るショ...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
朝起きて、仕事に行き、帰宅して、食事をする。あとはベッドにもぐりこむだけ。そう、今日はいたって普通の1日だ。ただバレンタインデーっていうだけ。恋人がほしい...
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『ダージリ...
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
第77回米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート、ヨーロッパ映画賞2004最優秀作品賞ノミネート、ミラノ映画祭 2004 観客賞/特別賞/学生審査員賞など、...
ヒリヒリするような切なさと得体の知れぬ焦燥感…かつてわたしたちが“少女”だった時、こういう気持ちはわりと密接だった気がします。そんな気持ちを思い出すことの...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
第90回アカデミー賞において『君の名前で僕を呼んで』で主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメ。まだあどけなさが残る彼が主演するこのショートフィル...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...