今年も3月11日がやってきます。

2011年3月11日、私はお休みをとっていて、ひとりで家にいました。とはいえ、何か用事があったわけではなく、ベッドでゴロゴロしていて。

そんなのどかな休日が突然、終わりを告げました。14時46分にあの地震が、起きたのです。

“未曾有”という言葉が、あれほど繰り返された日はありません。テレビの中で繰り返し叫ばれるその単語に、映像に、これは現実なんだろうか?と我が目を疑うことしかできず。

それから1ヶ月半後、私は1台の車に様々なものを詰め込んで、東北にいる友人たちの元へ向かいました。そこで目にしたものは、“未曾有”という言葉の意味そのものだったように思います。

7年の時を経ても、あの光景は忘れていないし、忘れてはいけないと、心に刻んでいます。そして、未曾有の出来事がいつ自分の身に起きてもおかしくないのだと、この不思議な猫が言っているような気がしました。

国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル&アジアを運営するショートショート実行委員会が、横浜市と連携し製作したこちらのショートフィルム。その全編は横浜市消防局横浜市民防災センターで観ることができます。

《作品概要》

『ぐらがくる』

【監督】平林勇 

【出演】堀部圭亮、佐藤藍子、山田美紅羽、大福・小雪(猫)、我修院達也、野島直人、大村一真、渡辺哲

【エグゼクティブプロデューサー】別所哲也 

【作品時間】16分

【上映場所】横浜市民防災センター 災害シアター

【上映期間】平成30年3月10日から

【上映回数】1日最大12回(体験ツアー内で上映)

1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
 広告業界では、スマホで観る動画に最適な時間は1分程度だと言われています。もちろん、内容にもよるけれど、いち視聴者として納得です。InstagramでもF...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
朝起きて、仕事に行き、帰宅して、食事をする。あとはベッドにもぐりこむだけ。そう、今日はいたって普通の1日だ。ただバレンタインデーっていうだけ。恋人がほしい...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『ダージリ...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
第77回米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート、ヨーロッパ映画賞2004最優秀作品賞ノミネート、ミラノ映画祭 2004 観客賞/特別賞/学生審査員賞など、...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...