活字嫌いの私が、初めて一気読みした本。

かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タイム・フェイバリット”、ラストとなる5つめは“ショートショートの名手”・星 新一さんの名著『午後の恐竜』です。

人生でいちばん
落ち込んでいたときに

 ――最後のおすすめは、星 新一さんの『午後の恐竜』です。

むらまつえりか:星 新一さんに出会ったきっかけは、私が人生でいちばん落ち込んでいる時に友達が星 新一さんの本を3冊くらい貸してくれたんです。どれもおもしろかったんですけど、この『午後の恐竜』にいちばん感動して。

実は、もともと本を読むことが嫌いというか、活字がすごい苦手なんですね。だから映像を観たり音楽を聴いたりとか、そういう感性的なものが好きで。漫画だったら読めるんですけど、あんまり長文だと眠くなっちゃって(笑)。読書感想文の時とかも、薄い本でも読むのに1ヵ月くらいかかっちゃったり…。

そんな私なのに、この『午後の恐竜』はもう飽きずに1日で読んでしまって。初めて一気に読んだ本ですね。

もう展開が読めなさ過ぎて、「えっ!」とか「そんな発想ある!?」みたいな驚きがたくさんありました。直接的なメッセージがあるわけではないんですけど、読むと「自分にもこういうこと、あるかも」みたいな“気づき”もあって。特に「幸運のベル」っていう話が印象的ですね。

最近おもしろかった本は
大宮エリーさん

 ――それ以来、読書体験は広がりましたか?

むらまつ:ちょっとは広がりましたね。星 新一さんの本はそれから全部買って読んで。どれもおもしろかったですけど、やっぱり『午後の恐竜』がいちばんおもしろかったです。

好き嫌いがはっきりしてるんですけど、よしもとばななさんとか谷川俊太郎さん、あと中原中也さんが好きで、詩集とかよく読んでましたね。最近買ったのは大宮エリーさんの本で、『猫のマルモ』っていう本。猫の話とカニの話と鳥の話みたいに、読みやすい短編集で。最近ではいちばんおもしろかった本ですね。

やっぱり『午後の恐竜』がオールタイムで好きな本です。表紙の絵も良いですよね、ちょっとレトロな感じが。

 ――『午後の恐竜』を読んだことで、当時の沈んでいた気持ちも少しは和らいで?

むらまつ:どうだろう…。結構、落ち込むときって後から思うとそんな大したことないじゃないですか?

その時はすごい視野が狭くなっていたので、ちょっと視野が広がって生きやすくなったかな。やる気というか、生きる気力が出てくるきっかけにはなったと思います。

前回のフェイバリットはこちら

1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
 広告業界では、スマホで観る動画に最適な時間は1分程度だと言われています。もちろん、内容にもよるけれど、いち視聴者として納得です。InstagramでもF...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
カンヌ映画祭2009・特別名誉賞、ベルリン国際映画祭2010・特別奨励賞、サンダンス映画祭2010・国際短編映画制作審査員賞という華々しい受賞歴を誇るショ...
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢...