出会いの数だけ土地にもお酒にも「物語」がある──「ほろよい文庫」創刊

出版不況が叫ばれるなか、新たに“創刊”された「ほろよい文庫」。

というのも、これ、純粋な出版物ではなく短編小説付きの日本酒。日本が誇るおいしい地酒をより多くの人に楽しんでもらおうと考案された、「お酒と物語」という新しいスタイルの商品だ。

すでに発売中の第1弾に付属するのは、新潟の酒どころとして知られる長岡を舞台とした小説。作家・山内マリコさんが実際に長岡へ足を運び、土地の空気を感じながら書き下ろした“一杯目” 『運命の人かもしれないけど「じゃあ、ここで」』と、“二杯目” 『あたしはまだ到着していない』の2編は、女性の生き方や地方出身者の日常をリアルに描いた名作だ。

お酒は、長岡市で明治30年に創業した老舗「お福酒造」の純米吟醸酒(720ml)で、 “一杯目”と “二杯目”のそれぞれで、異なる味わいが物語のおもしろさを引き立てる。いずれか一方だけでも完結するストーリーだが、どちらも「呑む」ことで恋の物語がつながり、さらに奥深さを味わえる作品。

冬の冴えた夜空を眺めつつ、ほろ酔い気分で小説をめくる──。そんな大人なひとときを味わってみてはいかがだろうか。

©meet & meet

『ほろよい文庫』
【作品】
“一杯目”
『運命の人かもしれないけど「じゃあ、ここで」』(男性瓶)4400円(税込)
“二杯目”
『あたしはまだ到着していない』(女性瓶)4400円(税込)
“長岡セット”
一杯目と二杯目のセット 8800円(税込)
【内容量】各720ml
【原材料】新潟県産酒米・米麹

Top image: © meet & meet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「小学館文庫」の新レーベル「おいしい小説文庫」が6月5日からスタート。初代アンバサダーに女優/創作あーちすと・のんさんが就任!
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。