お酒のつまみ「最初の一品」が太るかどうかの分かれ道

お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、おつまみは必須。言い訳しなくていい食べかたでもあればいいんですが…。

あります!しかも、ドクター直伝の「太らないルール」が。

馬渕知子さんの著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)よりご紹介。

最初の一品は
「高タンパクで適度な脂質」

4605c8fb38f3d449e9e53f07e88f126e5a33e83c

同僚やクライアントとお酒を飲む際、その場を楽しむことはもちろん、ビールで酔わない「食べ順」と太らない「食べ方」に気をつけなければなりません。

アルコールは吸収されると同時に解毒や分解が開始されます。急激な体内への流入は避けたいですし、アルコールの代謝も円滑に進めたいもの……。ですから、飲み始めのおつまみは「代謝を良くすること」を念頭においてください。具体的にはこんなものを頼むと良いでしょう。

【居酒屋】枝豆、豆腐、マグロ刺し

【焼鳥屋】鳥刺し、ささみ、軟骨

【焼肉屋】タン、ハツ、ミノ(塩)

【イタリアン】牛肉 or 鮮魚のカルパッチョ、カプレーゼ

“太らない”おつまみのルール

Eaef4829471d8991cc7e19a262a11f0cdc2fbdc1

メニュー選びは「太るか太らないか」という大きな別れ道にも繋がります。「ビールが太る」という定説は、ビールそのもののせいではなく、太る食べ物と相性が良いからです

飲み始めて中盤頃になったら「刺激的かつ食べ応え」に注目して料理を選ぶようにしてください。たとえば、薬味を活用するメニューが良いでしょう。豆腐や青魚などが該当します。

まず、豆腐は高タンパク・低糖質であり、カロリー数に対してボリューム感があります。さらに、薬味が生かせる食材で、冷奴や湯豆腐、麻婆豆腐、具だくさんの栃尾油揚げなど、食べ応えのある料理が豊富です。

青魚(光物)と呼ばれる魚にも、薬味は欠かせません。ネギ、生姜などはアルコールの代謝を促します。脂質が多めですが、青魚に含まれるDHAやEPAという脂質は、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防・改善、脳の活性化などに期待を持てる、体に嬉しい脂です。

焼肉屋でビールに合わせるならば「赤身」を選んでください。肉自体がエネルギー代謝を高めるので、もともとダイエット向きと言われている食材ですが、赤身にはビールの代謝を助ける栄養素も豊富です。

居酒屋なら馬肉やクジラ肉、フレンチならジビエなどが良いでしょう。エスニック・アジア料理は基本的に刺激が強いです。辛さもあるので、代謝が増して、ビールに合いながらも太りにくさも演出してくれます。

〆はラーメンではなく…

4042a87d22d75a377bf36ffdaf234a81bbf1a532

お酒を飲み進めるとなぜか「ご飯もの」が食べたくなりますが、この現象は科学的に仕方のないこと。どういうことかというと、まず、アルコール分解には糖質が必要なので、飲み進めると低糖気味になります。そのため、ある程度アルコールを摂取すると、自然と体が糖質として「ご飯もの」を要求するのです。

しかし、欲望のままになんでもかんでも食べてしまっては、「できる」ビジネスパーソンとはいえません。欲求を満たしつつも、太らず、次の日に酔いを持ち越さないようメニューを選ぶようにしましょう。

おすすめはなんといってもお米です。意外と知られていませんが、お米は料理によってはカロリー控えめで腹持ちが良い食材。最も危険だとも思われる〆ラーメンを回避するための策にもなります。和食や居酒屋系なら、雑炊、お茶漬け、卵かけご飯を、洋食系ならリゾットやドリアといったものを選びましょう。

また、腹八分目はアルコールも一緒。次の日も美味しいビールを飲みたければ、ハシゴ酒は禁忌です。

コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
ビールのおつまみの定番といえば、枝豆。とくに夏は食べる機会も増えますよね。茹でて塩を振るだけでもおいしいですが、ひと手間加えるだけで絶品おつまみに変身する...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...