「コーヒー」と「ビール」を正しく飲むと、生活が激変するらしい。

栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動。もう“耳タコ”な規則正しい生活習慣。いくら頭で分かっていたって、現実はそううまくはいかないもので。

それがコーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディカルクリニックで院長を務める馬渕知子さんの著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)。

これなら、いくらでも続けられる!

高いパフォーマンスのカギは
「自律神経」にあり

35d8c6224f9ec081fec2544c81ae66601c326eae

自律神経とは、私たちの意思と関係なく、生命維持を行うために働く神経のことです。人間はあれこれ考える忙しい生き物ですから、いちいち細かい部分まで気を遣ってはいられません。それに生命にかかわる重要な反応は、人間の考えや日常生活に左右されては困りますから、勝手に動くようになっているのです。

上司の前で緊張してドキドキする、大事なときにお腹を壊す、怒ってはいけないと思っても怒鳴ってしまう……そのすべてに自律神経が関係しています。

自律神経は、真逆の働きをする「交感神経」と「副交感神経」という2種類で構成されており、これらが絶妙に力関係を保つことで、健康な状態を維持しています。このバランスが乱れると、自分自身ではどうすることもできない不調が次から次へと体に現れるのです。

いくら優秀な人であってもコンディションが整っていなければ、その能力も発揮できません。

常に高いパフォーマンスを維持して、仕事で結果を出すためには、自律神経による体の不調とは無縁であることが必要条件なのです。

作業効率UPに貢献
「朝コーヒー」

6d02d0943353e5be42a69b6ee99f4936a9ae15d0

多忙なビジネスパーソンのコンディションを整える「ハイパフォーマー飲料」としておすすめしたいのが、コーヒーとビール。どちらも日常的に飲まれているあまりにも身近な飲みものですが、じつはこの2つには「自律神経」を整える働きがあるのです。

自律神経は基本的にコントロールしにくいものですが、コーヒーとビールの飲み方次第で、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えることができるのです

コーヒーには色々と種類がありますが、カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力があります。交感神経が働けば、やる気ホルモンでもある「アドレナリン」が全身をまわって興奮状態へ導きますので、仕事に全開モードで取り組めます。 頭の回転も速くなり、仕事への集中力も高まるでしょう。

コーヒーのアロマ(香り)には、緊張を解きほぐして気分をリラックスさせる働きがあるといわれています。せっかく最高のビジネスプランを練り込んだのに、緊張や口下手のせいで上司や先方に上手く伝えられない……。これでは意味がありません。こんなときは、まず薫り高いコーヒーをプレゼン前に試してみましょう。良い方向に転ぶかもしれませんよ!

リラックス作用のある
「夜ビール」

0d7c5be1848df970d2a7526b9bd034c7c471e255

ビールは主に副交感神経に働きかける役割を持っています。適度な量のビールを飲むと、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。1日中働きづめで高ぶっている神経を癒す力があったり、会食時の緊張感を和らげてその場の流れを良くする場合もあります。

ビールが持つ気分を落ち着かせて心を寛大にする作用があれば、自分だけではなく先方の心を開くことにも一役買ってくれるでしょう。取引先だけでなく、話しにくい同僚や気難しい上司とも、まずはビールを交わしながら交流を図れば、本音で語り合えるかもしれません。

あなたがアルコールを飲めない場合でも、相手が飲めれば問題ありません。もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが、適度なアルコールは人間関係の潤滑油として、ビジネスの成功を後押ししてくれる存在になるのです。

このようにコーヒーとビールの力は絶大……。何も考えずに飲むほど非効率的なことはありません。自身のビジネスプランと将来的な狙いに合わせて戦略的に飲むことで、本来の能力以上の結果を生み出すことさえあるのです。

お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...