「コーヒー」と「ビール」を正しく飲むと、生活が激変するらしい。

栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動。もう“耳タコ”な規則正しい生活習慣。いくら頭で分かっていたって、現実はそううまくはいかないもので。

それがコーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディカルクリニックで院長を務める馬渕知子さんの著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)。

これなら、いくらでも続けられる!

高いパフォーマンスのカギは
「自律神経」にあり

35d8c6224f9ec081fec2544c81ae66601c326eae

自律神経とは、私たちの意思と関係なく、生命維持を行うために働く神経のことです。人間はあれこれ考える忙しい生き物ですから、いちいち細かい部分まで気を遣ってはいられません。それに生命にかかわる重要な反応は、人間の考えや日常生活に左右されては困りますから、勝手に動くようになっているのです。

上司の前で緊張してドキドキする、大事なときにお腹を壊す、怒ってはいけないと思っても怒鳴ってしまう……そのすべてに自律神経が関係しています。

自律神経は、真逆の働きをする「交感神経」と「副交感神経」という2種類で構成されており、これらが絶妙に力関係を保つことで、健康な状態を維持しています。このバランスが乱れると、自分自身ではどうすることもできない不調が次から次へと体に現れるのです。

いくら優秀な人であってもコンディションが整っていなければ、その能力も発揮できません。

常に高いパフォーマンスを維持して、仕事で結果を出すためには、自律神経による体の不調とは無縁であることが必要条件なのです。

作業効率UPに貢献
「朝コーヒー」

6d02d0943353e5be42a69b6ee99f4936a9ae15d0

多忙なビジネスパーソンのコンディションを整える「ハイパフォーマー飲料」としておすすめしたいのが、コーヒーとビール。どちらも日常的に飲まれているあまりにも身近な飲みものですが、じつはこの2つには「自律神経」を整える働きがあるのです。

自律神経は基本的にコントロールしにくいものですが、コーヒーとビールの飲み方次第で、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えることができるのです

コーヒーには色々と種類がありますが、カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力があります。交感神経が働けば、やる気ホルモンでもある「アドレナリン」が全身をまわって興奮状態へ導きますので、仕事に全開モードで取り組めます。 頭の回転も速くなり、仕事への集中力も高まるでしょう。

コーヒーのアロマ(香り)には、緊張を解きほぐして気分をリラックスさせる働きがあるといわれています。せっかく最高のビジネスプランを練り込んだのに、緊張や口下手のせいで上司や先方に上手く伝えられない……。これでは意味がありません。こんなときは、まず薫り高いコーヒーをプレゼン前に試してみましょう。良い方向に転ぶかもしれませんよ!

リラックス作用のある
「夜ビール」

0d7c5be1848df970d2a7526b9bd034c7c471e255

ビールは主に副交感神経に働きかける役割を持っています。適度な量のビールを飲むと、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。1日中働きづめで高ぶっている神経を癒す力があったり、会食時の緊張感を和らげてその場の流れを良くする場合もあります。

ビールが持つ気分を落ち着かせて心を寛大にする作用があれば、自分だけではなく先方の心を開くことにも一役買ってくれるでしょう。取引先だけでなく、話しにくい同僚や気難しい上司とも、まずはビールを交わしながら交流を図れば、本音で語り合えるかもしれません。

あなたがアルコールを飲めない場合でも、相手が飲めれば問題ありません。もちろん飲み過ぎには注意が必要ですが、適度なアルコールは人間関係の潤滑油として、ビジネスの成功を後押ししてくれる存在になるのです。

このようにコーヒーとビールの力は絶大……。何も考えずに飲むほど非効率的なことはありません。自身のビジネスプランと将来的な狙いに合わせて戦略的に飲むことで、本来の能力以上の結果を生み出すことさえあるのです。

お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...