「コーヒーと僕の日常」を、3年間カップに描き続けている男。

「ああ〜職場に戻りたくない」「ミーティングがなくなれば」なんて嘆きや、「この一杯が最高!」という、休憩中にカップを手にした時の気持ちを、うま〜く表現しているJosh Haraの落書き。

特別かわいいというわけでもないのだけれど、心情のリアルさとクオリティの高さに、見ているとついついクセになってしまうのだ。 約10万人ものフォロワーも、この不思議な中毒性にやられたに違いない。

あまりにも暇だったから、と本人は語っているけれど、イラストを見る限り、スタバに駆け込むのは仕事の合間が多かったのではないだろうか(笑)。

B328f4067fcda9c1ecb5d9e2f9c188ddccd9a7e9

「金曜日の4時半から始まるミーティング……静かに死んでいくぞ…」

A5e0e9fa114f5a46bafc5102ccdde6494e15dbfa

「起きてなきゃ。起きてなきゃ。起き……」

5695fa575db53adb86c7f0f65a4e1871558eb218

「買いに来た時は死にかけてる。コーヒー手にしたらもう無敵!」

2655681729ff1aa674c35eb2d47dd7e2cece3cef

「コーヒーはまるで、脳みそがシャワーを浴びているかのよう」

7d3832de1de60110b442ac6ca72d6a0954766c8d

「脳がコーヒーとハグしたいって言ってたんだ。だからこの休憩は仕方がないだろう?」

24e16c74be20df29f800ccac84d35a5af86e3b43

「君は、夜の暗闇で僕を照らしてくれる光だよ」

F2c690b4d917b5276f2d17d085af2b37d5fc4e9d

「ねえ、ほんと愛してる」「うん。知ってる」

2df52af058363ca53a42b7c4e72de691a8f1218a

「オッケー。全ての仕事が終わるまでコーヒーを飲み続けよう。もしくは、心臓が爆発するまで(白目)」「いぇい!」

D15bbd92b1d3b15ecdbe6b5af95eecd7dbf5610e

コーヒがある時:「さあ、今日も学ぼうではないか!」
コーヒーがない時:「全てにおいてムリ。どっかいけ」

124806e192db641ae02fc1c078e9a7e521efb7af

「アイスコーヒーって、3秒で終わるよね」

D642485240b14b5d381ee5acf6ef7e7f9328c91b

「助けて、ラテ……。あなたは私の最後の希望よ…」

137bb2349b3e9eaad2dba01ce04b5f3eb1f829eb

「頼む。ミーティングはナシにしよう」

3年前から始まった彼のイラストも、今ではプリントされタンブラーとして販売されている。休憩時に、スタバに駆け込むお勤めの皆さんの相棒となっているそうだ。

眠すぎる会議や憂鬱すぎる残業の隣にいるコーヒーは、今日も世界中で「I love you」と言われていることだろう。 

Licensed material used with permission by Josh Hara
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...