大統領選を目前にスターバックスが「カップ」のデザインを変えた理由

アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイレンではなく、モチーフに選ばれたのは人、人、人。

この「The green cup(グリーンカップ)」には、スタバからのある熱いメッセージが。

大統領選で二分する世論に
スタバからのメッセージ

217a8c985f3b6d830272be66d10d5a15c09d3bf9

現在、アメリカ国内限定で提供されているこのカップ。トレードカラーのグリーンはそのまま、そこに合計132人の人々が細いペンで描かれています。人種も、年齢も、職種もさまざま。これは、アメリカに暮らすあらゆる人々が、すべて1本の線でつながって描かれたデザイン。 

「スターバックスの従業員とお客さまが形成するコミュニティのつながりを表現しています。いまアメリカが分断されている中で、私たちはunity(団結、結束)のシンボルとして、私たち一人ひとりが共有している価値を、お互いにいたわりながら生きる必要性を、このデザインで示したかった」。

リリースでこう述べたCEOのHoward Schultz氏。はっきり表明こそしていないものの、背景には8日に迫った大統領選を前に二分するアメリカの現状に対し、「アメリカはひとつ」と訴えるスタバからの強いメッセージが見て取れます。

1本の線でつなぐ人。
「アメリカはひとつ」

F2414f31bd6003c57a9065e557534437743e84d1974b7cbc6e223523a000f5afce79d59236673b6c

途切れなく描かれた人と人。ファッションデザイナーからナース、ビジネスマンもブルーワーカーも。老若男女、世界のあらゆる場所からこの国に集まり、人種や宗教を超えてここで生活する人々。

アメリカを象徴するデザインが紙のカップとなり、人から人へと手渡されていく。スタバの意図はそこにあったのではないでしょうか。

描いたのは
日本人アーティスト

A6a0ac84ca7285926ed937d75304f40af1348c4fD70def480ed7f2ed6422c17e98009764f5d6d2fa

じつは、このグリーンカップのデザインを手がけたのは、アメリカに移り住み14年の日本人アーティストShogo Otaさん。ひと筆描きで人物を次から次に描いていく作風は、『Stranger People」と名付けられた彼の代表作です。

ひとつにつながってるって、ボクはとっても平和なイメージに思えるんですよね」、こう語るOtaさんのアイデアは、スタバのコーヒーを介して、スタッフとお客が、店と地域がつくりだすコミュニティそのものなのかもしれませんね。

スタバの企業スタンスを全米に(世界にも)発信するツールとなった、このグリーンカップがいつまで使用されるのかは定かでありません。でも、十分に利用価値のあるメッセージングでしょ。

ちなみに、NYタイムズスクエアの店舗では、カップと同じOtaさんのデザインがガラス窓を彩っているそうですよ。

Licensed material used with permission by starbucks
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソー...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...