米「スターバックス」が客の「マスクの着用義務化」

日本ではマスクをつける習慣がある一方、海外では「行動を指図されたくない」という主張する人も。そんななか、業界最大手が大きな決断を下した。

アメリカの「スターバックス」は、7月15日より来店客のマスク着用義務化を開始すると、9日、公式サイトにて発表した。フェイスマスクの着用義務化に踏み切ったのは、米国で展開する大手レストランチェーンのなかでもスターバックスが初となる。

同社によると、従業員と来店客の健康福利を優先する継続的な努力の一つとして今回の決定に至ったとのこと。マスクをしていない来店客については、ドライブスルー入り口での受け渡しデリバリーの利用を促していく予定だ。

先月、マスク着用を促したスタバ店員を非難する女性客の投稿に対し、その店員への賛同募金が集まったことが話題となったが......さて、このたびの決断を顧客はどう判断するのだろうか。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事