スターバックスが「廃棄食品を100%寄付する」と公式発表

2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリース発表しました。安全な食料の廃棄を削減し、フードバンクを通じて必要とする人々へと届けます。

初年度には、米国内にある7,600の店舗から500万食を確保。5年で100%寄付できる仕組みを整え、2021年までに年間5,000万食までその規模を拡大する意向です。

売れ残った食品を
必要としている人に届ける

アメリカ合衆国商務省」による2014年の統計によれば、米国内の貧困者数は4,670万人。これは国民全体の14.8%にも及ぶ数字であり、その割合は2007年から比較しても2.3%増加しています。

リリースページの動画には、涙ながらに話すスーパーバイザーのTeva Sakima氏が登場。彼女の家族も、食べるものに苦労していたそうです。コメントを一部紹介します。

「簡単には忘れられない感覚です。お金がなかったから分かるんです。空腹でいていいことなんてありません」。

世界各国で進む
食品ロス削減対策

2016年2月5日には、フランスが世界で初めてスーパーマーケットに対して売れ残った食品の廃棄を法的に禁止する国となり話題になりました。品質に問題のないものはフードバンクを通じて人々へ。また、食用に適さなくなったものも堆肥などとしての転用が義務付けられます。

さらに、2月22日には賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が、デンマーク・コペンハーゲンにオープン。型くずれした商品などを含め、定価の30-40%引きで購入できるようになりました。

そして、3月12日の「The Independent」によれば、イギリスの大手スーパー「Tesco」が、2017年までに売れ残った食品を100%寄付すると発表。食品ロスを削減するための取り組みが、各国政府や企業の手によって次々に行われています。

Top Photo by iStock.com/luvemakphoto

関連する記事

2021年3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。カ...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
スイーツの余剰や、コロナ禍で行き先を失った食品、チョコレートの未利用製菓材料で作ったサステイナブルなチョコレートなどが、3月24日から29日まで横浜そごう...
2月初旬、英国の「Starbucks(スターバックス)」が「#whatsyourname」キャンペーンの一貫で公開した“トランスジェンダーの若者を支援する...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
国内初、世界で5店舗目の「手話」が共通言語になるスターバックス「サイニング ストア」が、2020年夏にオープン。
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
「スターバックス」の2021年版「福袋」の販売が決定。店頭販売なしのすべてオンライン抽選販売のみで展開する。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
「スターバックス」が米国の一部の店舗で「従業員の顔ピアスの着用」を認めるようだ。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...