世界初!? 期限切れ食品を扱うデンマークのスーパーが話題に

2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスーパーでは販売できなくなってしまった賞味期限切れの食品を揃え、通常の約30〜40%引きの価格帯で販売しています。

朝から行列が
できるほど大人気

Photo by Dan Church Aid

「Wefood」は、FødevareBankenという非営利の支援団体と、DanChurdAidという慈善団体が資金を募り実現したプロジェクト。

同団体によれば、デンマークの食料廃棄量は年間70万トンにも及び、問題視されています。が、この新しい取り組みは、その問題に一石を投じるだけでなく、低所得な市民の生活にも寄り添ったもの。多くの人に歓迎されている様子。

Photo by Mikkel Østergaard

ここで取り扱うものは、

・賞味期限切れのもの

・形が悪くなってしまったもの

・消費期限に近づいたもの

の3つ。既存のスーパーマーケットと契約を結び、すでに多くの食品が流通しています。

Photo by Mikkel Østergaard

Photo by Mikkel Østergaard

PHOTO by Mikkel Østergaard

食料・環境相大臣も絶賛!

上の写真を見てもらえれば分かる通り、実際にお店に足を運んだ人たちの表情はとびっきりの笑顔。オープニングイベントに参加した食料・環境相のイバ・ケア・ハンセン大臣も次のように語りました。

「食べ物を投げ捨てるようにムダにすることは、本当にとんでもないこと。Wefoodのようなスーパーはとても理にかなっています。食糧廃棄の問題に取り組む上でとても重要なステップとなりました」。

Licensed material used with permission by Wefood
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
デンマークのコペンハーゲンに誕生した「CopenHill」は、ごみ焼却・発電施設でありながら、スキーやハイキング、クライミングなどが楽しめる、サステイナビ...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...