迷惑どころか「賞賛の嵐」。レストランが店先に冷蔵庫を設置した、ただひとつの理由

フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。

舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州での食品廃棄や環境問題に対する議論に胸を熱くさせていました。

24時間、いつでも利用可能
困った人のための冷蔵庫

Cfb1d21953f8b1830ad1c8cdbe3161d31185831d

インド南部の街コーチにあるレストラン「 the Pappadavada」のオーナーMinu Paulineさんは、2016年2月フランス全土で禁止された、大手スーパーの食品廃棄や売れ残り食品の寄付を受けて、自身もレストラン経営者として、食品ロスに切実な想いを抱いていました。

彼女はある日の夜、レストラン前のゴミ箱から必死になって食べものをあさっている女性ホームレスの姿を目にします。時計はすでに深夜12時を回っていたとか。

「想像してみて。誰もがベッドに就くような時間だっていうのに、外に出て食べるものを探さなければいけない状況。それくらい、お腹が空いているってことでしょ?」

何かを始めなければ、何も変えることはできない
Paulineさんは、画期的なアイデアとともに立ち上がりました。

58f1b51189191f0d0a517c24694d5fb313bb9384

余った料理をホームレスに提供しよう。人目を気にしてゴミの中から拾わせるのではなく、いつでも誰でも、それを持っていける仕組みをつくればいい。彼女の回答は、レストランの店先に24時間、誰でも自由に開けて料理を持ち出せる「冷蔵庫」を用意すること。

「nanma maram(=善意の木)」と名付けられた冷蔵庫の中身は、もちろんレストランで余った料理。けれど余り物といっても、お客が残した残飯ではなく“食べられるけど廃棄”となってしまう、いわば余剰分。これを小分けにして、冷蔵庫へミネラルウォーターとともに入れておくことで、24時間いつでも誰でも開けて食事を取って行くことができるようにしたのです。

冷蔵庫を介して広がる
地域コミュニティー

F41def73136846cd37c160bdef99666c49971b09

いま、Paulineさんの冷蔵庫を、多くのホームレスたちが利用しています。彼女のレストランからも、一日75〜80人分の食事(すべて売れ残りのまだ食べられるもの)が提供されるほか、近隣の飲食店からも提供があるんだとか。さらに、新聞やテレビの報道で冷蔵庫の存在を知った地域の人々までが、路上で生活する困った人たちのために、と食事やミネラルウォーターを差し入れにやって来ます。ここまでは、Paulineさんも予想ができなかった様子。

それでも、「善意の木」と名付けられた冷蔵庫は、それが意味するままに人が集まる地域のコミュニティーを形成しつつあるようです。地域の問題は地域で解決する。Paulineさんの希望は、しっかりと幹を太くし枝を伸ばし始めています。

お金はあなたのもの
でも、資源はみんなのもの

6cbc0dd0236b84e2269100b85c8158e2f58cd977

当初、レストラン前に設置した冷蔵庫に、客寄せの単なる“売名行為”だと非難の声も挙がったそうです。けれど、Paulineさんはお構いなし。批判を百も承知で、そのリスクを背負いこむ道を選んだ彼女の決心が、「The Independent」のインタビューからも見て取れますよ。

「たとえ、それがリスキーだったとしても、社会が良い方向に向かうならやろうと思ったんです。だって、これまで誰もそれをやって来なかった訳だから。結果、何も変わらなかったんです。

どれだけ自分で稼いだお金を浪費しても、それは自分のもの。でも、社会の資源を無駄につかっていい訳はないでしょ。資源のムダもダメ、食品ロスもダメなんです」

Licensed material used with permission by Pappadavada
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
「Little Things」のライターKate Taylorさんは、「冷蔵庫の使い方」を覆してくれます。食料品じゃなくたって、利点が生まれるなら入れてしまえ!
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。彼女によれば、運動をしなく...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
結局余るのに買っちゃうことがある練乳。冷蔵庫にただ放置したまま、なんてモッタイナイ!
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...