中国のレストランが「ピザ」で食品ロス問題に取り組んだ

骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた食材の廃棄などにより、現在食品ロスが深刻な問題となっているんだとか。

この問題を14億近い人口の中国が本気で取り組んだら──。昨年末、上海の人気観光スポット「新天地」でこんなプロジェクトが行われました。

レストランの残りもの食材を
おいしくアレンジ

プロジェクト(Re_Pizza Project)は、新天地に居を構える人気レストランが集結し、自分たちの余剰食材を使っておいしいピザを考案し、それをお客に振る舞うことで、飲食業界だけでなく消費者にも食料廃棄問題について考えるきっかけをつくってもらおうというもの。

そのラインナップが、またスゴい!

麻婆豆腐ピザに刺身ピザ?
アレンジの幅が…さすが中国

どれも美味しそうなピザ。だけど、トピングされた具材をよ〜く見れば、豆腐にフルーツにショートパスタ、さらにはお刺身まで。この統一感のなさこそが“再生ピザ”たるゆえんです。

その日のうちに使い切れなかった消費期限前の食材が、各レストランから次々に集められ、トップシェフたちがその場でアレンジを加えていきました。こうしてじつに200種近いピザが誕生したそうですよ。

食料廃棄ゼロのピザが
教えてくれること

こうして、誕生した残りもの食材でつくるRe_Pizzaは、1カットわずか5元(約81円)という安さで販売。珍しいトッピングに上海の若者たちも興味津々のよう。結局、6日間の限定オープンながら、余剰食材60キロがRe_Pizzaへと返信、見た目や味の感想はすぐさまSNSで拡散され、多くの中国人にこのピザの意味することろが届いたはず。

売り上げの1,500食分の金額は、グローバル・フードバンキング・ネットワークを通じて、食料支援へと寄付。プロジェクトを企画した北京電通は、今後もRe_Pizzaプロジェクトを中国全土で行うことで、食料廃棄問題に対する啓蒙を続けていく予定とのこと。

深刻な問題をおいしい体験にかえる、これはナイスアイデア!

Licensed material used with permission by 北京電通
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...