中国のレストランが「ピザ」で食品ロス問題に取り組んだ

骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた食材の廃棄などにより、現在食品ロスが深刻な問題となっているんだとか。

この問題を14億近い人口の中国が本気で取り組んだら──。昨年末、上海の人気観光スポット「新天地」でこんなプロジェクトが行われました。

レストランの残りもの食材を
おいしくアレンジ

プロジェクト(Re_Pizza Project)は、新天地に居を構える人気レストランが集結し、自分たちの余剰食材を使っておいしいピザを考案し、それをお客に振る舞うことで、飲食業界だけでなく消費者にも食料廃棄問題について考えるきっかけをつくってもらおうというもの。

そのラインナップが、またスゴい!

麻婆豆腐ピザに刺身ピザ?
アレンジの幅が…さすが中国

どれも美味しそうなピザ。だけど、トピングされた具材をよ〜く見れば、豆腐にフルーツにショートパスタ、さらにはお刺身まで。この統一感のなさこそが“再生ピザ”たるゆえんです。

その日のうちに使い切れなかった消費期限前の食材が、各レストランから次々に集められ、トップシェフたちがその場でアレンジを加えていきました。こうしてじつに200種近いピザが誕生したそうですよ。

食料廃棄ゼロのピザが
教えてくれること

こうして、誕生した残りもの食材でつくるRe_Pizzaは、1カットわずか5元(約81円)という安さで販売。珍しいトッピングに上海の若者たちも興味津々のよう。結局、6日間の限定オープンながら、余剰食材60キロがRe_Pizzaへと返信、見た目や味の感想はすぐさまSNSで拡散され、多くの中国人にこのピザの意味することろが届いたはず。

売り上げの1,500食分の金額は、グローバル・フードバンキング・ネットワークを通じて、食料支援へと寄付。プロジェクトを企画した北京電通は、今後もRe_Pizzaプロジェクトを中国全土で行うことで、食料廃棄問題に対する啓蒙を続けていく予定とのこと。

深刻な問題をおいしい体験にかえる、これはナイスアイデア!

Licensed material used with permission by 北京電通
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
ニュージランドのピザチェーン「Hell Pizza」は、普通の肉を具材にするところ、勝手にビヨンド・バーガーをトッピング!
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。