中国のレストランが「ピザ」で食品ロス問題に取り組んだ

骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた食材の廃棄などにより、現在食品ロスが深刻な問題となっているんだとか。

この問題を14億近い人口の中国が本気で取り組んだら──。昨年末、上海の人気観光スポット「新天地」でこんなプロジェクトが行われました。

レストランの残りもの食材を
おいしくアレンジ

プロジェクト(Re_Pizza Project)は、新天地に居を構える人気レストランが集結し、自分たちの余剰食材を使っておいしいピザを考案し、それをお客に振る舞うことで、飲食業界だけでなく消費者にも食料廃棄問題について考えるきっかけをつくってもらおうというもの。

そのラインナップが、またスゴい!

麻婆豆腐ピザに刺身ピザ?
アレンジの幅が…さすが中国

どれも美味しそうなピザ。だけど、トピングされた具材をよ〜く見れば、豆腐にフルーツにショートパスタ、さらにはお刺身まで。この統一感のなさこそが“再生ピザ”たるゆえんです。

その日のうちに使い切れなかった消費期限前の食材が、各レストランから次々に集められ、トップシェフたちがその場でアレンジを加えていきました。こうしてじつに200種近いピザが誕生したそうですよ。

食料廃棄ゼロのピザが
教えてくれること

こうして、誕生した残りもの食材でつくるRe_Pizzaは、1カットわずか5元(約81円)という安さで販売。珍しいトッピングに上海の若者たちも興味津々のよう。結局、6日間の限定オープンながら、余剰食材60キロがRe_Pizzaへと返信、見た目や味の感想はすぐさまSNSで拡散され、多くの中国人にこのピザの意味することろが届いたはず。

売り上げの1,500食分の金額は、グローバル・フードバンキング・ネットワークを通じて、食料支援へと寄付。プロジェクトを企画した北京電通は、今後もRe_Pizzaプロジェクトを中国全土で行うことで、食料廃棄問題に対する啓蒙を続けていく予定とのこと。

深刻な問題をおいしい体験にかえる、これはナイスアイデア!

Licensed material used with permission by 北京電通

関連する記事

アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...