SDGs時代、無駄なものはない。「IKEA Canada」が廃棄食品をレシピ本に!

3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。

カナダでは毎年おおよそ220万t(トン)もの食品が廃棄されている。この状況を受けて、同社は10人の北米シェフとコラボし、カナダでの食料廃棄を減らしたいという思いから「The ScrapsBook」を完成。

SDGs時代の今、環境問題深刻な食料ロスの対策に向けた有効な策といえるかもしれない。

©Inter IKEA Systems B.V. 2021

同社のマーケティング長・Johanna Andren氏いわく「カナダでは、廃棄食品として処理される2/3は、実際は食べられるものだとの研究結果が出ている」とのこと。

なお、「IKEA Canada」の公式HPで、それぞれのシェフが5つずつ考案したレシピを載せた「The ScrapsBook」を無料ダウンロードでき、また、Apple BooksGoogle Play Booksでもダウンロードが可能。

さらに、無料のメンバーシップクラブ「IKEA Family」に加入すれば、50種のデジタルレシピ総頁214ページにも及ぶ限定版のレシピ本を受け取ることができる。

廃棄食品を減らそうという気持ちはもちろん、「レシピの幅をもっと広げたい!」という方も「The ScrapsBook」をチェック!

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事