国連の会議で振る舞われた「ゴミ」を使った特別メニューって?

2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。

“埋め立てサラダ”
“牛のフライ”
いったい、どんな料理?

 Reference : UN Sporkesperson

「ケータリングチームの仕上げにエールを!」のツイートとともに国連スポークスマンがTwitterに投稿した画像。その料理は、典型的なアメリカン・ダイナーをテーマにしたものだった。ただし、使用された材料を除いては。「Washington Post」がメニューの全容を紹介している。食材に注目しながら以下を見て欲しい。

・サラダ 野菜くずや出荷拒否されたリンゴや洋ナシを使った“埋め立てサラダ” ・バーガー 「ジュースに絞られた後の果肉」を「売れ残ったバンズ」に挟んで ・フライ以前は家畜の肥料として活用されていたでんぷん状のとうもろこし(アメリカ全土約9,000万エーカーで生産されている)から作られた“牛のフライ” 

「埋め立てサラダ」に「牛のフライ」、ブラックユーモアが利いたネーミングに、出席者はさぞかし驚いたことだろう。さらに、食材を洗うのにも、ひよこ豆の水煮缶の液体を再利用したという。明らかにホスト側が食品ロスの農産物をチョイスして、料理を振る舞っていることは、誰の目にも明らかなはず。

米トップシェフが
料理に込めた真意とは?

undinnerisrubish232377856

この昼食会のシェフに任命されたのは、NYを舞台に活躍するレストランオーナー兼シェフの、ダン・バーバー氏と、ホワイトハウスでの副シェフ経験を持つSam Kass氏。「食品廃棄物をあえて料理に取り入れる」という、大胆な提案に踏み切った両氏。その背景には、12月にパリで開催される国連気候変動会議に出席する各国首脳たちに、食料を扱うプロの視点から訴えかけたパフォーマンスだった。

「食材を扱う私たち飲食産業にあっても、思いつきもしないし、効率も悪いこと」と、前置きしたうえで、それでも無駄にされゆく農産物による、炭素排出量を減らす取組みへの重要性を「AFP」に語っている。
一方、捨てられてしまう農産物で、各国首脳の舌を納得させる「美味しさ」へのチャレンジに挑んだバーバー氏。

「美味しいお肉の代わりに、まず牛の餌となるとうもろこしに着目しました。私たちがそうしなければ、ただ捨てられるであろうものに目を向けてもらうためです」

あくまで今回はデモンストレーション。食品廃棄物を使った料理を作っていくことではなく、 食品ロスをいかに抑えていくかに焦点を当てたメニュー制作に意欲的だ。

二人の料理人の果敢なチャレンジが結実する日を心待ちにしているのは、世界の指導者たちばかりでははいだろう。

Reference:Washington Post, AFP
Licensed material used with permission by United Nations

海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
この4種類をデスクに常備しています。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...