こんなコンポストマシンを待っていた!デザイン&機能ともにちょうどいい「Lomi」

家庭で出る生ゴミなどを再利用可能な肥料に変えてくれるコンポストシステムマシンは、今、個人で手軽にチャレンジできる環境保護に向けたアクションとして注目を集めている。

でも、従来のコンポストマシンは、大きすぎたり、キッチンの隅に置くのもどこかはばかられるようなデザインのものが多く手を出しづらい印象も......。

そんな人にオススメしたいのが、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援を募っている「Lomi」だ。

©2021 Pela Case

コロンとしたかわいらしいシルエット、そしてキッチン周りにあるどんな家電とも相性のよさそうなカラーリングが素敵なこのプロダクトは、数々のエコフレンドリーな製品の開発を手掛けるカナダの企業「Pela」によるもの。

多くの家庭で必要十分であろう3L(リットル)という容量の設計も嬉しい「Lomi」は、使い方も至ってシンプル。

①「Lomi」に廃棄物を入れる
②本体側面の中央のボタンを押す
③3つのスピードモードを選択し、それぞれのモードに合った肥料が完成
・Express Mode:とにかく早く廃棄物を処分したい人向け(4時間以上)
・Bioplastic Mode:はじめてコンポストマシンを使う人向け。家庭の観葉植物や庭などに活用可能(10時間以上)
・Eco Mode:ゆっくり時間をかけて栄養価の高い肥料にしたい人向け(20時間以上)

さらに、優れた消臭機能が搭載されているので、生ゴミ特有のイヤな臭いがしづらいというのも嬉しいポイントだ。

©2021 Pela Case

「Lomi」のすごいところはそれだけじゃない。

食材などの生ゴミはもちろん、飲食店でもらうナプキンをはじめ、生分解可能なフォークスプーンといったものまで肥料に変えることができるのだとか。

環境問題対策、そして家庭での廃棄物のストレスを解消してくれるこのプロダクト、「Indiegogo」ではすでに目標としている支援額の8742%を達成しているほどの注目ぶり。

クラウドファンディング5月20日まで実施しているので、キッチンから明日の地球を守りたいなら、ぜひ。

©2021 Pela Case
©2021 Pela Case
Top image: © 2021 Pela Case
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事