ゴミの再利用でできた公園が、市民の憩いの場に。

台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。

なんだか、普通の公園よりアスレチック的で楽しそうに見えませんか?

「禁止」や「注意」ばかりの
公園はつまらない

E977f875b2be836ebf95e8f41184db363406271f

都市化が進んだ、台湾の台北市。市には788か所もの公園があるとのことですが、どの公園も設置されている遊具は同じようなものばかりで特色がなく、面白みがないという声も多いのだとか。さらに、子どものケガなどに注意するあまり、禁止事項や注意事項、遊び方の制限の看板ばかりが目立ち「自由に楽しむ公園」という理想からは、遠い存在になっているそうです。

そこで、デザインや市民目線での都市のリクリエイトを目指す台北のクリエイター団体「都市酵母」と、廃棄物をアートに変えて再利用しようというスペインのアーティスト集団「basurama」がコラボしてできたのが、写真の公園です。

台北市で破棄された古い街灯の廃材を溶接して、ブランコやハンモックがひとつながりになっているユニークな遊具を制作。台湾の文化庁の公認の下、高架下に試験的に設置したのです。

C2e997bfdd7e6fcef1b3f744c30d77fd8414edf88afc2d9c8568ea00f1930dab18d953880bbded9354728b732ff712b5a7de8168cbde4f5fe8e8789b

リサイクル社会を
模索する台北

D7cf9594567dd2c399c118c598488dfaf551ca05

これらの実験は、この高架下のブランコ遊具だけではなく、台北市各地で行われています。

古い冷却塔を使ったボールプールや、市民のワークショップではゴミ袋などを繋いで大きなエアドームを作るという活動も行っているそうです。

C4ca8b09e1c4e5251473cdd5143c16ec64df27cfFafdd8d1a70d2b2c0feb9fa705ed3d4830417c53

冒頭の公園は試験的なもので、いずれは撤去される予定ですが、訪れた市民の反応は良いようです。ボランティアの記録や市民の意見を記録するノートなども用意し、未来につながるような取り組みにも抜かりありません。

実験で実際に利用する市民の反応や、安全性を確認しながら、台北市はリサイクル時代の都市計画のあり方を模索しているようです。

Licensed material used with permission by Basurama
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...