ゴミの再利用でできた公園が、市民の憩いの場に。

台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。

なんだか、普通の公園よりアスレチック的で楽しそうに見えませんか?

「禁止」や「注意」ばかりの
公園はつまらない

都市化が進んだ、台湾の台北市。市には788か所もの公園があるとのことですが、どの公園も設置されている遊具は同じようなものばかりで特色がなく、面白みがないという声も多いのだとか。さらに、子どものケガなどに注意するあまり、禁止事項や注意事項、遊び方の制限の看板ばかりが目立ち「自由に楽しむ公園」という理想からは、遠い存在になっているそうです。

そこで、デザインや市民目線での都市のリクリエイトを目指す台北のクリエイター団体「都市酵母」と、廃棄物をアートに変えて再利用しようというスペインのアーティスト集団「basurama」がコラボしてできたのが、写真の公園です。

台北市で破棄された古い街灯の廃材を溶接して、ブランコやハンモックがひとつながりになっているユニークな遊具を制作。台湾の文化庁の公認の下、高架下に試験的に設置したのです。

リサイクル社会を
模索する台北

これらの実験は、この高架下のブランコ遊具だけではなく、台北市各地で行われています。

古い冷却塔を使ったボールプールや、市民のワークショップではゴミ袋などを繋いで大きなエアドームを作るという活動も行っているそうです。

冒頭の公園は試験的なもので、いずれは撤去される予定ですが、訪れた市民の反応は良いようです。ボランティアの記録や市民の意見を記録するノートなども用意し、未来につながるような取り組みにも抜かりありません。

実験で実際に利用する市民の反応や、安全性を確認しながら、台北市はリサイクル時代の都市計画のあり方を模索しているようです。

Licensed material used with permission by Basurama
他の記事を見る
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラス
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第11回は、観光客も利用できる自転車レンタルサービス「U bike(ユーバイク)」を使って...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!西郷山公園の旧山手通り側入口にあるGreen Cafe ...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...