【ちょっとイイ話】結婚式で使われた「ウェディングフラワー」の素敵な行方

結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしまったわけでもないのに、そのまま捨てているのはもったいないですよね。

そんな考えから、ウェディングフラワーの再利用を実践している女性がいます。Shawn Chamberlainさんが運営している「Full Bloom」では、結婚式場から使用済の花を譲り受け、フラワーアレンジメントをつくっている。

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.10.38

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.09.33

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.29.05

きっかけは、お見舞いに自ら作ったフラワーアレンジメントを贈ったこと。Chamberlainさんは、それを受け取った人の笑顔に感激して、もっとたくさんの人を笑顔にしたいと考えたそう。とはいえ、花というのは、決して安いものではありません。5児の母である彼女が、大量の花を仕入れるのはとても困難でした。

そんな時に出会ったのが結婚式場で捨てられる運命にあるウェディングフラワーです。その“無駄”に気がついたChamberlainさんが式場に打診してみたところ、快く譲ってもらえることになったそうです。

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.10.14

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.09.59

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.09.42

ランドスケープデザイナーでもある彼女がアレンジした花の行先は、老人ホームやホスピスです。
花を飾ることで、人々の間にも会話が生まれ、末期患者の人々の人生に精神的な安らぎや華やかな気分を生み出すことができます。

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.10.20

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 20.09.53

結婚のお祝いのために込められた愛情が、もう一度誰かの元へと届く。一度飾られただけで捨てられてしまうはずだった花とそこに込められた愛情をリサイクルすることができる――そんな彼女の活動には、世界中から賛美の声が寄せられています。

Licensed material used with permission by Full Bloom - Recycle the Love

結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...