しばらく花束を買ってないあなたへ。私たちのフラワートラック、ちょっと覗いてみない?

お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。

そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック」に出くわしたら、思わず手に取っちゃうかも。

ニューヨーク初の
「フラワートラック」

8931f0b3baa3a2a6e344b3e4e1a2eb678b792d09

Uprooted Flower Truck」は、NYに現れる移動式のお花屋さん。ミントグリーンのトラックに色とりどりのお花を乗せて、街中を駆け回っています。

8967c0049ad2bafb5ad47f0cfdc7d1b19e6cd0ef

もちろん季節によって、扱う種類は様々。春が訪れた今は、キンセンカの鮮やかなオレンジでいっぱいになっているようです。

ハンディサイズの
気まぐれブーケ

895a7d1419bb01f0e94db7d0eaacb49777bea748

「あなたが最後にお花を買ったのはいつ?」

そう尋ねるのは、10年以上お花屋さんで働いていたというAshleyさん(右)と、パートナーのKristinさん(左)。

「センスが良くってお手頃で…っていうお花屋さん、意外とないのよね。だから花束を手に取る機会が少ないの。もったいないことだわ」

3830ae0f10d59373b6eb42d02e563cde0d91077f

そこでAshleyさんが思いついたのは「フラワートラック」。NYは家賃が高いので、店舗を借りるだけでも大きな負担になります。移動式にしたことで、お花の値段を抑えることもできるそうです。

この移動式フラワーショップは、「Kickstarter」で資金を集め、2015年にオープンしました。

F198113192d17eb9becb5f44de049218d892d4af

出没場所は、SNSで告知。

平日には、仕事終わりの人向けに通勤路に現れたり、バレンタインには、デートで賑わうアッパーウエストサイドに寄ったり。

花束片手に
街歩きなんてどう?

068a1a190f004452b3a9ea22f33634ad0b63f19e

ラインナップは日替わりで、毎日何らかのテーマを決めて、5〜7種類ほど置いています。その中からパパっと作るハンドサイズのブーケが、このお店のウリ。

アレンジはふたりのきまぐれです。

「気軽に買って欲しいから、街歩きでも邪魔にならないサイズじゃないとね!」

B382a9a4ac2ce60d9653fa4be66e4e05e2ebc9c2

小さなブーケをさっと掴んでNYの街を歩くなんて、ワクワクしちゃいます。

Licensed material used with permission by Uprooted Flower Truck
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...