しばらく花束を買ってないあなたへ。私たちのフラワートラック、ちょっと覗いてみない?

お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。

そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック」に出くわしたら、思わず手に取っちゃうかも。

ニューヨーク初の
「フラワートラック」

Uprooted Flower Truck」は、NYに現れる移動式のお花屋さん。ミントグリーンのトラックに色とりどりのお花を乗せて、街中を駆け回っています。

もちろん季節によって、扱う種類は様々。春が訪れた今は、キンセンカの鮮やかなオレンジでいっぱいになっているようです。

ハンディサイズの
気まぐれブーケ

「あなたが最後にお花を買ったのはいつ?」

そう尋ねるのは、10年以上お花屋さんで働いていたというAshleyさん(右)と、パートナーのKristinさん(左)。

「センスが良くってお手頃で…っていうお花屋さん、意外とないのよね。だから花束を手に取る機会が少ないの。もったいないことだわ」

そこでAshleyさんが思いついたのは「フラワートラック」。NYは家賃が高いので、店舗を借りるだけでも大きな負担になります。移動式にしたことで、お花の値段を抑えることもできるそうです。

この移動式フラワーショップは、「Kickstarter」で資金を集め、2015年にオープンしました。

出没場所は、SNSで告知。

平日には、仕事終わりの人向けに通勤路に現れたり、バレンタインには、デートで賑わうアッパーウエストサイドに寄ったり。

花束片手に
街歩きなんてどう?

ラインナップは日替わりで、毎日何らかのテーマを決めて、5〜7種類ほど置いています。その中からパパっと作るハンドサイズのブーケが、このお店のウリ。

アレンジはふたりのきまぐれです。

「気軽に買って欲しいから、街歩きでも邪魔にならないサイズじゃないとね!」

小さなブーケをさっと掴んでNYの街を歩くなんて、ワクワクしちゃいます。

Licensed material used with permission by Uprooted Flower Truck
インドネシアの富裕層の間で、花束に紙幣を混ぜたり、お札で花をかたどった「Money Bouquet」が人気急上昇。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「開業する前に知っておくべき3つのコト」を教えてもらいました。
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」が、ブランドメッセージ「THIS IS LIVING」を体現した映像をリリースしました。いま、世界の人々に、...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「開業資金」について教えてもらいました。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、個性豊かなフードトラックの中から、特に注目すべき5つを選んでもらいました。
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
「ダイドードリンコ」の自販機では「顔認証決済サービス」の実証実験を7月3日から開始し、「手ぶら」で飲料の購入ができるように。スマホやタブレットなどの端末で...
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...