SNSで話題の「花束みたいなブーケサラダ」を作ってみたい!

まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見えて、じつは簡単。持ち寄りのパーティでも人気者になれること間違いなし。

いつものサラダの盛り付けを少しだけ変えて、ステキに食卓を彩りましょう。

レタスに好みのトッピングを
合わせるだけ

作り方はとっても簡単。「レタス+好みのトッピング」に、ドレッシングを添えるだけなんです。

洗ったレタスの葉を重ねてクッキングシートで包み込んだら……

ミニトマトやサーモンなど、好みの食材をレタスの間にデコレーション。

はい、完成!

見た目を楽しんだら、ドレッシングは食べる直前にかけましょう。カラフルなミニトマトやフリルレタスを使うと、さらに華やかになりますよ。

インドネシアの富裕層の間で、花束に紙幣を混ぜたり、お札で花をかたどった「Money Bouquet」が人気急上昇。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ニューヨーカーに人気の機能性サラダを自宅で楽めるレシピ本『パワーサラダレシピ/主婦の友社』が発売。パワーサラダは1皿で1日に必要な栄養素の多くを摂取できる...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...