PARISサン・ルイ島生まれの「ブーケみたいなジェラート」が世界を席巻しはじめた!

パリ、サン・ルイ島で一年中行列が絶えないジェラートといえば、永らく老舗として君臨してきた「ベルティヨン」。そしてもうひとつ、近年ブレイク中のジェラートショップが、ここで紹介する「アモリーノ」です。

一度見たら忘れない独創的なビジュアルは、ジェラートよりも先に心をとろけさせる!

コーンの上に花が咲く
ブーケみたいなジェラート

E24814e342bc46c2537731ca4cba50d78b7affe5

その見た目がこちら。まるでコーンにバラの花一輪をちょこんと置いたよう。当然ながら雪だるま的なダブルはできませんけどね。

26種類のフレーバーは、サイズ(S.M.L)ごとのコーンに乗れるだけ、いくつオーダーしてもOK。さらには、フルーツやマカロンをトッピングして、いかにカラフルな花になるかは自分次第というわけです。盛り付ける方もこれは技術が要りますよね。以下の動画で、スキルフルな手さばきをチェック!

さて、単に見た目のインパクトだけでは、ここまでリピーターは付かなかったはず。聞けば、当然ながら味へのこだわりも。

合成着色料や保存料を一切使わないとか、フルーツやショコラにもオーガニック食材にこだわる。そんなグローバルスタンダードをあえて声高に謳わないのもイマドキ。だからこそヘルシー志向のパリジャン、パリジェンヌだけでなく世界中から訪れる観光客の舌をうならせ、近年サン・ルイ島のジェラート勢力図を二分するまでになった。こう考えると、異常な人気にも理由が付きます。

商売上手だってこともあるのでしょうが、今や世界各地にチェーンを拡大し、「Flower Shaped Gelato(花をかたどったジェラート)」を手にした写真でInstagramも大盛りあがり。たとえばこんな感じに。

そういえば、東北秋田県にも似たようなアイスありましたよね。

All photo by amorino.com
Licensed material used with permission by amorino.com
イタリアの夏に欠かせない「ジェラート」。これを旅行者が失敗せずに本物の味に出会うためには、何に注意しなければいけないのか。本当においしいジェラートにありつ...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
危険すぎて物理的に人間が足を踏み入れることのできない"隔離された場所"』をわんさか見つけてしまいました。今回はその中でも、本当に足を踏み入れることができな...