誰もが聞いたことのある「だみ声」。ルイ・アームストロングとは、いったい何者だったのか

「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称されるルイ・アームストロング。彼について、ジャズを世界中に広めた立役者と言って首をかしげる人はいないでしょう。漫画『BLUE GIANT』で、主人公のクラスメイトの女の子たちがジャズへの入門として聴いたCDも、ルイ・アームストロングでした。

そんな彼の生涯と功績を、油井正一さんの著書『生きているジャズ史』から紹介してみたいと思います。

ジャズアーティストとして
初めて「TIME」の表紙に

136d3ab4a0e4e1e6ffb28d0fbf453ba5c5a31ab5

ぎょろぎょろの目に、大きな口と、チャーミングな笑顔。ルイ・アームストロング。

彼のだみ声による歌は、一度聴いたら忘れられません。ルイ・アームストロングは20世紀を代表するエンターテイナーの一人です。トランペット奏者、ヴォーカル、役者に文筆と、マルチな活躍を見せ、ジャズ演奏者として初めて「TIME」の表紙を飾ったのも彼でした。

本来は
コルネット奏者だった

数々の才能を発揮したルイ・アームストロングですが、本来はただのコルネット奏者でした。しかし、その演奏テクニックは現在に至るまで比肩するものがおらず、後の奏者たちに強い影響を与え、現在でも多くのトランぺット奏者が目標としています。

個性的で豊かで精緻なフレージングは、コルネットをただの楽器演奏ではなく、芸術の域まで高めました。

けっしてうまくはない
一流のヴォーカリスト

アームストロングの特徴的な「だみ声」は、美声ではないし、けっして歌がうまいアーティストというわけではありません。しかし低く暖かな声で情感たっぷりに歌い上げ、聴いている人の心をつかみます。

現在も、ジャズ・ヴォーカリストたちに大きな影響を与えていることは言うまでもないでしょう。

偶然から生まれた
「スキャット」スタイル

彼のジャズ・ヴォーカリストとして一番大きな功績は、新しいスタイルを確立したことにあると言えるでしょう。1926年2月26日の朝、アームストロングにより世界で初めての「スキャット」が録音されました。スキャットとは、歌詞の代わりに「ドゥ、ドゥ、ドゥ」や「ダバ、ダバ、ダバ」など、アクセントがつけやすい意味のない音を充てる歌唱スタイルのことです。

ある日、アームストロングがレコードを録音中に歌詞カードを落としてしまい、苦肉の策として適当な音を充てて歌い続けたそうです。あとからその録音を聴いてみたところ、出来が素晴らしかったため、そのままレコードとして販売しました。そしてこのレコードが大ヒットを記録したのです。これがスキャットの始まりだと言われています。

これをきっかけに、歌詞を単にメロディに乗せて歌うのではなく、時には楽器のように使い、アドリブを入れるというヴォーカルの技法が編み出されました。

ハリウッドから
ジャズを広める

F1aeb71a0b22fceecfe4c3bd9e03ad98f3a6b6d7

1930年代に入ると、ルイ・アームストロングの人気は不動のものとなり、「サッチモ」の愛称で親しまれるようになりました。全米各地のショーを転々とし、イギリスやヨーロッパへコンサートツアーを行いました。

当時彼が契約していたレコード会社は売り上げを伸ばすため、サッチモに盛んに流行歌の録音や、彼の多芸さを使いエンターテイナーとしてコマーシャルをさせました。

また、1950年代には俳優としてハリウッドへ進出をし、数々の映画に出演します。黒人の音楽としてアンダーグラウンド的な扱いをされていたジャズでしたが、劇中のルイ・アームストロングに演奏によって、一般に認知されるようになったのです。

冒頭の「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」も映画に使用されたり、フランスのシャンソンをジャズとして歌うことで人気を博しました。また来日公演も行われ、日本の人々は彼の生のブルースに酔いしれたのです。

その後も、CMでの音楽の起用やTV番組にも積極的に出演し、ジャズの啓蒙活動に努めました。こういった社会的地位を確立していたのにも係わらず、ルイ・アームストロングはずっと政治的な発言を避け、いち演奏者であるスタンスを崩しませんでした。

後年もベトナム戦争や黒人の差別などに対して積極的に意見を発するわけではありませんでしたが、「聖者の行進」のリリースや、アカデミー賞の辞退、政府の行事であるソ連への慰問を中止するなどし、自身の意思を活動という形で社会に訴えました。

1971年7月6日、サッチモは就寝中の心臓発作で亡くなりました。葬儀には、各界の大御所がこぞって参列し、別れを惜しんだそうです。

Top Photo by Underwood Archives/Getty Images
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
パリ、サン・ルイ島で一年中行列が絶えないジェラートといえば、永らく老舗として君臨してきた「ベルティヨン」。そしてもうひとつ、近年ブレイク中のジェラートショ...
5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
ときおり、思わぬ弾き方で楽器を演奏するアーティストが現れて驚くことがあります。ここで紹介する彼は「エレキベース」を操るミュージシャン。しかし、一本も弦があ...
あのニール・アームストロング船長の名セリフを噛み締めながら、ただじっとながめていたいテーブルです。
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...