6月の贅沢「梅雨×古民家×ジャズ」間違いなく最高です

古民家は音が良い。

という話をときおり聞く。たしかに、木造のコンサートホールやお寺でもライブはある。音の反響がまるく、やさしくなると言う人もいる。それが家ともなれば、木の香りもしてきたりして雰囲気が良さそうだ。想像はつく。

 

ってなわけで「古民家×音楽」に着目。

 

体験談を話してくれた人の表情はうっとりしていた。トップ画像は、2016年10月に開催されたライブ風景。会場は、福岡県宮若市にある、築140年を超える古民家、SHIKIORI。

蒸し暑い日本の夏の夜、田んぼに囲まれた日本家屋で演奏されたのはブラジリアンジャズ。月明かりをぼんやりと感じながら風の音や虫の声が聞こえてくる環境もあいまって、とてつもなく心地が良かったそうだ。

いつか体感してみたいな、と思いながら話に耳を傾けていたら、そこで演奏していたビアンカ・ジスモンチ・トリオの日本公演が、6月9日(土)からはじまるらしい。古民家ライブもあると聞いた。え、もう今週末からの話じゃん!

梅雨×古民家×ブラジリアンジャズ

5792173333151744
© 2016 Nakama Yuta

×美女。写真で微笑んでいるピアニストはビアンカさん。鬼才ブラジル人音楽家と言われているレジェンド、エグベルト・ジスモンチの娘だ。リオデジャネイロを拠点に世界を股にかけて活躍している。

どんな音楽かはやっぱり、聞いてみる、が一番。

そこで、ビアンカさんとも親交がある人物、創刊から66年を迎えた世界の音楽情報誌・月刊ラティーナ編集部のLissaさんにオススメを聞いた。6月ということで、雨の季節にもピッタリな選曲をプレゼント。

奇しくも本日は6日、水曜日、東京は雨。奇跡的にずぶ濡れ感あふれるタイミング……。しかも気づいたら偶然数字の並びまで強烈に! なってしまいましたが、ご愛嬌ということで。

Lissa(月刊ラティーナ編集部)

「編集部では音楽を流しながら仕事をしています。そろそろ梅雨の季節に突入するので、湿った気分も晴れやかにしてくれる軽快なピアノの音色、ビアンカ・ジスモンチを。スカッと気分が晴れるリズミカルな曲から、心静まる美しい曲を選びました。ジスブランコは、ビアンカがシスターと呼ぶクラウヂア・カステロブランコとの瑞々しいピアノデュオ。トリオは、6月に来日ツアーを行うメンバーによるもの。ビアンカの父であり、古希を迎えたばかりのブラジルの鬼才、エグベルト・ジスモンチへのオマージュを込めて、締めはエグベルトの曲です!お楽しみください」

© 2018 TABI LABO

ビアンカ・ジスモンチ・トリオの日本公演は、6月9日滋賀県のフィガロホールからはじまり、兵庫、東京、福岡、沖縄と、6月17日までツアー予定。福岡では、2016年と同様に、古民家SHIKIORIでのライブが体験できる。

ジメジメしてていやだなあー、と思いやすい時期でもあるんだけど、“6月は想像しているよりも雨の日が少ない”とも言われている。古民家ライブの日に天気が崩れたとしても、それはむしろラッキーなできごとなのかもしれない。だって、古民家で雨音を聞きながら観るジャズライブ……って、響きが良いじゃないですか。

それに、梅雨とブラジルリアンジャズの相性って、カラッとした気分になりたい人はもちろん、しっとりとした気分を味わいたい人にもしっくりくる、組み合わせの妙がある。

 

今年の6月は、最高峰のブラジル音楽を生で聴くチャンス。

 

そう考えたら、コンサートホールやジャズクラブで聴くのもやっぱり捨てがたい。東京と福岡の公演は平日の夜だから、仕事帰りに一人でフラッと寄れる。神戸なら休日をフルに使ってワークショップにも参加できる。悩ましい季節だけれど、梅雨とブラジリアンジャズを同時に、最大限味わえる今月は、ちょっとだけ、いや、かなり、贅沢なタイミングなのだ。

 

詳しくはコチラから。

 

【開催情報】

 

<滋賀公演>
日時:6月9日(土)20時開演
会場:フィガロホール

 

<神戸公演>
日程:6月10日(日)
会場:100BANホール
※ワークショップあり

 

<東京公演>
日時:6月12日(火) 6月13日(水)
会場:COTTON CLUB

 

<福岡公演>
日時:6月15日(金)
会場:古民家SHIKIORI

 

<沖縄公演>
日時:6月17日(日)
会場:宜野座がらまんホール

Licensed material used with permission by シャ・ラ・ラ・カンパニー
Top photo: © 2016 Nakama Yuta
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...