古民家を貸りて「台湾・九份」でのんびりしたい!

台湾・九份へ訪れる人のほとんどが日帰り。けれど、そこには「泊まった人にしか見られない景色」がある。
だから、九份では一泊するのが断然オススメ。

ただし、宿選びには気をつけてほしい。絶対条件は九份老街からは少し離れた場所を選ぶこと。
飲食店がひしめき合う一帯は、臭豆腐をはじめとするいろんな飲食物のニオイが混じり合っている。近さを選んだ私は、宿に足を踏み入れた瞬間から部屋に染み付いた“不快なにニオイ”を耐えることに。
またどの宿も隣の建物とかなり距離が近く、老街付近で日当たりと風通しのよい部屋を見つけるのは至難の業。室内はジメッとしていて、朝でも蛍光灯に頼らなければならなかった……。

ということで、
宿選びに大切なのはこの3つ!

1.メインストリートからは徒歩10分ほど離れた場所
2.窓が大きくて日当たりがいい
3.ナイトウォークを開催している(理由はこの記事へ)

すべてを備えていて、私が友達と九份に行ったときには泊まりたい! と思えるのがここ、『山居-夾腳拖的家』

【1日1組限定】
古民家を貸し切る九份の旅

『山居-夾腳拖的家』は、古民家をリノベーションしてつくられたホステル。個室とドミトリーの他に、隣接している別の一軒家をまるごとで貸している。

一泊20,000円前後(朝食込)で6人まで宿泊可能。なので、グループ旅であれば、1人あたりはかなり安い! Booking.comでも点数が「9.0」という高さで紹介されている。

見晴らしのいいバルコニー付き。友達と各々屋台で買ってきたご飯を並べて、台湾ビールを片手に気が済むまでおしゃべりして。肌寒くなったらヴィンテージスタイルのリビングに移動。

所要時間3〜4時間とされることが多い九份だけど、ここを知ったらよりいっそう泊まってみたくなる。
いや、一泊だけじゃ足りない!って思うかも。

『山居-夾腳拖的家』

住所:No. 247, Jishan Street, 224 九份, 台湾
公式サイト:https://www.flipflophostel.com/jiufen-home-en

Top image: © 2018 FlipFlopHostel
台湾に来たら多くの人が九份に遊びに来るけれど、日帰りで帰る人の方が圧倒的に多い。だけどあえて1泊して気がついたことは、みんなが帰った後の九份こそ、散策する...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。