透明度120%の湖 中国の世界遺産・九寨溝(きゅうさいこう)

中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面に映るのは、四季折々の自然。

標高2,470メートル
四季を映し出す透明の湖

ここは、1970代、森林伐採のため足を踏み入れた労働者によって偶然発見されるまで、地元に暮らすアバ・チベット族チャン族しか知らない、まさに秘境だったそうです。標高2,000〜3,400メートルの岷山(びんざん)山脈に、大小108の湖沼や瀑布が、手付かずの原生林の中に点在しています。

山から流れこんだ石灰成分(炭酸カルシウム)が湖底に沈殿。太陽の光が反射することで、水が青く透き通って見えるんだそうです。写真のように昼はコバルトブルーに、夕暮れは茜色の空を湖面に映し出すんだそう。

炭酸カルシウムが、水の中の微生物を核として沈殿する影響で、圧倒的に済んだ水になるようです。
九寨溝で、最も透明度の高い湖として知られる五花海(ごかかい)は標高2,470メートル。湖底に沈んだ倒木までくっきり。

標高3,100メートル
九寨溝最大の湖
長海(ちょうかい)

標高3,100メートル。九寨溝最大の湖が、ここ長海(ちょうかい)。kwnhrk1985さんは、夏の湖の様子。

こちらは秋。

そして、冬。anakinhungさんが訪れた2015年3月中旬は、まだ長海の湖面は凍結。あたりも雪景色。

五花海まで降りてくると、冬でも凍結はあまり見られないようです。

一年を通して観光が可能ですが、ただでさえ標高の高い山の上。十分な防寒対策が必要なのは言うまでもありませんね。ちなみにベストシーズンは、雪解けの4月から紅葉が盛りとなる11月。

目の前にこんな情景が広がっていたら、陶然としてしばらく動けないかも。北京、上海をはじめ、都市部の深刻な大気汚染が、まるで別の国の出来事のように思えてきませんか?

「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
台湾に来たら多くの人が九份に遊びに来るけれど、日帰りで帰る人の方が圧倒的に多い。だけどあえて1泊して気がついたことは、みんなが帰った後の九份こそ、散策する...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...