世界初。「半透明レザー」のファッションコレクション

「亡霊」の名を冠したコレクション

© SRULI RECHT

和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクションです。

靴やジャケットからなるコレクションの名は「Apparition(亡霊の意)」。半透明な素材が出す「幽霊っぽさ」から名付けられたといいます。加工された和紙のような見た目をしていますが、手触りは確かに革で防水加工もされているそう。

©SRULI RECHT
©SRULI RECHT

「透明なレザー」自体は、これまでも羊や山羊の革などで開発されてきましたが、どれもクッキングペーパーのようにぎしぎししていたため、衣服や靴に使うには不向きでした。そこに改良を重ねたうえで2017年に生まれたのが、この新素材です。

ファッションブランド「ECCO」のレザー開発部門とともにこの素材を開発したのはデザイナーのSruli Recht。これまで死産した子羊とクロウタドリを使ったコレクションや、手術で出た自分のお腹の皮を使ったリングなど、革新的である一方で議論を呼ぶ作品も多く生み出しました。

伝統にとらわれず(物議を醸しながらも)新素材を探求するその精神は、3年の月日をかけて開発された「Apparition」でも大いに発揮されています。

Top image: © SRULI RECHT
Reference: srulirecht.com
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
世界初の“ギャル”バーチャルインフルエンサー「葵プリズム(通称ぷり)」がファッションディレクターとしてデビュー。その初仕事はゲストを“ぷり風のギャル”にす...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。