世界初。「半透明レザー」のファッションコレクション

「亡霊」の名を冠したコレクション

© SRULI RECHT

和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクションです。

靴やジャケットからなるコレクションの名は「Apparition(亡霊の意)」。半透明な素材が出す「幽霊っぽさ」から名付けられたといいます。加工された和紙のような見た目をしていますが、手触りは確かに革で防水加工もされているそう。

©SRULI RECHT
©SRULI RECHT

「透明なレザー」自体は、これまでも羊や山羊の革などで開発されてきましたが、どれもクッキングペーパーのようにぎしぎししていたため、衣服や靴に使うには不向きでした。そこに改良を重ねたうえで2017年に生まれたのが、この新素材です。

ファッションブランド「ECCO」のレザー開発部門とともにこの素材を開発したのはデザイナーのSruli Recht。これまで死産した子羊とクロウタドリを使ったコレクションや、手術で出た自分のお腹の皮を使ったリングなど、革新的である一方で議論を呼ぶ作品も多く生み出しました。

伝統にとらわれず(物議を醸しながらも)新素材を探求するその精神は、3年の月日をかけて開発された「Apparition」でも大いに発揮されています。

Top image: © SRULI RECHT
Reference: srulirecht.com