全プロダクトが1点もの !?世界に2つとないこだわりのレザーブランドはコレだ

とってもカラフル!デザインもいけてる!でも、どうして同じものが1つもないんだろう?調べてみて分かった。

答は、それぞれが世界で1点ものだからーー。

さらに、そのコンセプトに強く惹かれた。「すべてのプロダクトは、廃棄された革をつなぎ合わせて作られている」なるほど。よく見ると組み合わされている革がバラバラだ。「ReLEATHEeR(リレザー)」というレザーブランドに興味が沸いた。

年間2万トンの廃材を再利用

年間2万トンの「廃棄された革」を匠の技によって生まれ変わらせるReLEATHEeR。別名「もったいないレザー」は、牛革だけでなく、クロコダイル・コードバン・ヘビ・オーストリッチなどの色や形、手触りの異なる革を再利用した魅力あるアイテムが揃う。使用されている素材の中には、世界でも希少な革もあるという。

ブランドが目指す「サスティナブルな価値」と「エシカル(道徳的)なデザイン」に思わず頷いてしまった。

日常で使う5アイテムには
やっぱりこだわりたい

ReLEATHEeRが展開しているのは、5アイテムのみ。「長財布」「スマホケース」「名刺入れ」「定期入れ・パスケース」「小銭ケース」。どれもが、僕たちの日常生活でヘビーユーズされるプロダクトだ。

毎日、手にとって使うものだからこそ、こだわりを持って選びたい。そして、できるだけ長く使いたい。丁寧に縫い合わされたステッチを見ているうちに自然にそんな気持ちになれた。

それにしても、あえて、アイテム数を絞っているのだろうか。そんな側面も、とても興味深い。

オールハンドメイドから
生まれる価値

廃棄された革を組み合わせたプロダクトは、現在では、世界でも他にはないらしい。それを成立させているのは、職人たちのオールハンドメイドによる技術力とセンスだ。

革は製品の中でも加工に時間や手間がかかる素材。技術をマスターするのに10年以上もかかるとさえ言われているほど。様々な革をつなぎ合わせるだけでも一苦労だろう。なのに、仕上がったプロダクトの美しさには、それを微塵も感じさせないところがニクい。

このReLEATHEeRが、販売されるのは2017年3月上旬から。全国13店舗(順次拡大予定)でデビューするので、実際に手にしてみるのがオススメ。勿論、ECサイトで購入することもできる。是非、デザインの表面だけではなく、その裏側にある価値も味わって欲しい。

Licensed material used with permission by ReLEATHeR
蔵前に店舗を構える革小物ブランド〈Alt81〉の名刺入れ。厚みのある革、正面から見た時のフタの部分カーブ、あえて外から見えないところに刻印されたブランドネ...
フェイクレザーを折りたたんで、2辺を縫い合わせただけ。それだけなのに、ちゃんと上品なルックス。約30枚の名刺やカードが収納できるという容量も十分だし、出し...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...