掘り出しものを見つけに「青山陶器市」へ。あえて「1点モノを買う」が楽しい

一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく方式。この楽しみ方、普段使いの「うつわ」にも応用が利きますよ。

というわけで、東京・青山で開催される「陶器市」へのお誘いです。椅子もうつわもキホンは同じ。統一感より個性優先。けど、形なのかサイズなのか色なのか、トンマナさえ合わせればあとはOK。

でも、これだって方法論の1つでしかない。だから、「あえての1点買い」がオモシロいんですよね。


バラバラだっていいじゃない
好きなんだもの!

C5982f947ad45613c82b2cc2d10de3cc96d5eabd

陶磁器をひっくるめて“せともの”という呼び方があります。これは、古くから焼き物の町として有名な愛知県瀬戸(せと)市を形容した言い方。この瀬戸で活躍する作家をはじめ、日本各地から選りすぐった焼き物が、青山に勢ぞろいする2週間。

大小のお皿に猪口、マグカップ、箸置きなど、普段使いできる食器やうつわから、今回の陶器市限定もの、作家さんたちの特別品や、ちょっとワケありな1点モノまで、思わぬ“めっけもん”が見つかるはず。

うつわを気に入るかどうかは、実際に手にとってみないことには分かりません。持ち上げたり、ひっくり返したり、手のなかでなじむかどうか。それを確かめながら、うつわを使っているときの自分をイメージしてみて。

いいんですよ、別にバラバラのうつわを使っていたって。ちょっとくらい重なりが悪くたって気にしない。それよりも、本当に好きなモノが1つずつ集まっていくほうが、きっと楽しいはずだから。

6/23(木)〜7/5(火)
「コト・モノ・ミチ」で開催

会場は、「産地を丸ごと伝える場所」をコンセプトに、地場産業や、産地の職人たちの架け橋となって、日本各地の手しごとを発信するギャラリー「コト・モノ・ミチ」。青山で、っていうのがまたオツでしょ?

【概要】
「青山陶器市」展
開催期間:2016年6月23(木)〜7月5日(火)
時間:11:00〜20:00(6/23は19時まで、最終日は17時まで)
場所:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
住所:港区南青山5-2-16 青山フレックスA

Licensed material used with permission by 青山陶器市
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
虫が嫌いというわけではないんだけど、はじめて見た時に思わず「うわっ!?」と声を上げてしまいました。まるで白い壁を大量の昆虫が這っているような光景ですが、一...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
以前のぼくは「欲しいモノを持っていない」自分を不幸に感じていた。しかし本当は僕の願いはすべて叶っていたし、欲しかったものはすべて持っていた。家も仕事も服も...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
フランスでもっとも影響力のあるレストランガイドの一つ「ゴー・ミヨ」において、2008年版ベストブーランジェリーを受賞。「アラン・デュカス・オ・...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...