掘り出しものを見つけに「青山陶器市」へ。あえて「1点モノを買う」が楽しい

一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく方式。この楽しみ方、普段使いの「うつわ」にも応用が利きますよ。

というわけで、東京・青山で開催される「陶器市」へのお誘いです。椅子もうつわもキホンは同じ。統一感より個性優先。けど、形なのかサイズなのか色なのか、トンマナさえ合わせればあとはOK。

でも、これだって方法論の1つでしかない。だから、「あえての1点買い」がオモシロいんですよね。


バラバラだっていいじゃない
好きなんだもの!

陶磁器をひっくるめて“せともの”という呼び方があります。これは、古くから焼き物の町として有名な愛知県瀬戸(せと)市を形容した言い方。この瀬戸で活躍する作家をはじめ、日本各地から選りすぐった焼き物が、青山に勢ぞろいする2週間。

大小のお皿に猪口、マグカップ、箸置きなど、普段使いできる食器やうつわから、今回の陶器市限定もの、作家さんたちの特別品や、ちょっとワケありな1点モノまで、思わぬ“めっけもん”が見つかるはず。

うつわを気に入るかどうかは、実際に手にとってみないことには分かりません。持ち上げたり、ひっくり返したり、手のなかでなじむかどうか。それを確かめながら、うつわを使っているときの自分をイメージしてみて。

いいんですよ、別にバラバラのうつわを使っていたって。ちょっとくらい重なりが悪くたって気にしない。それよりも、本当に好きなモノが1つずつ集まっていくほうが、きっと楽しいはずだから。

6/23(木)〜7/5(火)
「コト・モノ・ミチ」で開催

会場は、「産地を丸ごと伝える場所」をコンセプトに、地場産業や、産地の職人たちの架け橋となって、日本各地の手しごとを発信するギャラリー「コト・モノ・ミチ」。青山で、っていうのがまたオツでしょ?

【概要】
「青山陶器市」展
開催期間:2016年6月23(木)〜7月5日(火)
時間:11:00〜20:00(6/23は19時まで、最終日は17時まで)
場所:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
住所:港区南青山5-2-16 青山フレックスA

Licensed material used with permission by 青山陶器市
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
虫が嫌いというわけではないんだけど、はじめて見た時に思わず「うわっ!?」と声を上げてしまいました。まるで白い壁を大量の昆虫が這っているような光景ですが、一...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...