女性に大人気 「モロッカン陶器」の素敵な世界

モロッカン陶器が
できるまで

幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェスブルー」と呼ばれる白と青で塗られた陶器が赤土の大地に映える。

作業の始まりは、フェス郊外の山から採れる粘土を水に6日間浸すところから。食器は主にロクロで形作られたものを釜で焼いていくのだが、伝統的な釜ではオリーブの種を燃料にしていたらしい。

続いて素焼きで締められた陶器に細かな下絵がカラフルに色付けされていく。さらに釉薬を塗り、もう一度高温で10時間焼き続け、その後2日間かけて陶器の温度を徐々に下げていく。最後にひび割れなど仕上がりをチェックして完成である。

こうしてできた陶器はゼリージュの幾何学模様のモザイク柄は、偶像崇拝を禁止するイスラム教を信仰するモロッコだからこそ発展したものなのだろう。人物や風景などの具体的な表現を避け、抽象的な幾何学模様を研ぎ澄ますという発展をしたモロッコ美術。そんな制限の背景から生まれたデザインがモスクの外壁や内装のいたる所に使われているのも面白い。

モロッカン陶器を購入するなら……
目利きのポイント

もしもあなたがモロッカン陶器を購入しようと考えているなら、目利きのポイントも覚えておきたいところ。

職人の手による鮮やかな絵付けに関しては好みで選ぶとして、モロッカン陶器のなかでも上で紹介しているフェス製のものとなれば、美しいブルーがその最大の特徴となるだろう。また、フェス製かどうかを見分けるポイントは、陶器の裏側に施された釜のサイン。これがあるかどうかが、ひとつの指標となる。

陶器製のタイルで作る
モザイク「ゼリージュ」について

モロッカン陶器は、なにも器ばかりではない。カットしたタイルを組み合わせて幾何学模様を作るモザイクがゼリージュだ。

モスクの外壁や内装、リヤド(モロッコの邸宅を利用した宿泊施設)の床や天井、水くみ場や家庭のテーブルなどにまで使われていて、モロッコ中の華やかさを担っているといっても過言ではない。

使用する色は伝統的な七色から、最近では十色を使い分けている。これに模様を構成するパーツが360種類以上もある。どうりで多彩なパターンのタイルワークを目にするわけだ。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
女性という、生き物について。
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...