メルヘン!かわいい!欲しい!ティーインフューザー

こんなデコラティブなティーインフューザーがあるなんて!

ユニコーンのカタチはもちろん、『コップのフチ子』みたいにマグカップに引っかかってる佇まいとか、総じてメルヘンな雰囲気がカワイイ。お家でのティータイムがより楽しめそうじゃない?

使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアになればOKです!

『Amazon』で取り扱っていますが現在は品切れ中。海外通販にそこまで抵抗を感じないのであれば、販売元である『Fire Box』から購入する方がオススメ。

これからの季節、ギフトとしても喜ばれるかもしれませんね。

Top image: © Fire Box
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
茶葉が飛び跳ねるジャンピングという現象が起きやすいように、ピラミッド型にデザインされたティーインフューザー「TRI」。これまでと異なるのは、そのルックスです。
『シンデレラ』や『白雪姫』などの原作を読むと、残酷さを感じる闇な一面にびっくりしたことがある。こんな、ダークメルヘン好きに人に紹介したいのが、Brooke...
世間にあふれる○○系男子。草食系男子は馴染みのある言葉となりましたが、ちょっと意味を考えないとわからない○○系男子もどんどん増えてきています。今回ご紹介す...
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...
東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「和紙の服」を国内初リリース。吸湿性と保湿性を兼ね備え、抗菌と消臭の機能も搭載。環境負荷が少ない循環型の素材として...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
まるでファンタジーの世界に迷い込んだような世界観!でもこの雰囲気、日本で楽しめちゃうんです。ここは"世界一美しい村"と呼ばれているイギリスのコッツウォルズ...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
10月24日に正式にローンチされた「StyleHint(スタイルヒント)」は、「ユニクロ」と「ジーユー」が共同で企画し・開発したアプリ。たくさんの人が自分...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
世界中で愛され続ける「Barbie(バービー)」に、「白斑」のバービーやロングヘアのケンが登場。多様性や個性を反映させたスタイルが美しい!
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
「アマン東京」の33階「ザ・ラウンジ by アマン」にて、世界が注目するトップパティシエ、セバスチャン・ブイエによるアフタヌーンティーが楽しめる一週間。
オンラインギフトチケットサービス「giftee」で「Uber Eats」のギフトチケットの発行がスタートした。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
来月3月12日〜14日の3日間、「渋谷ストリーム」で開催される「LIFE TUNING DAYS YOGA & WELLNESS」にて、無料でメディテーシ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。