ティータイムをちょっと豪華に演出するインフューザー

今インフューザーはいろんなデザインが売られていて、シャレを効かせたルックスの製品を見かけることが多くなりました。クラウドファンディングサイトmachi-yaで資金調達中の「TRI」は、正統派のインフューザーです。

お湯を注ぐと茶葉が飛び跳ねる“ジャンピング”という現象が起きやすいように、「TRI」はピラミッド型に設計。このデザインは大手紅茶メーカーも採用しているので、きっと多くの人が直感的にメリットを理解できるでしょう。

そして、すでに売られているピラミッド型インフューザーと異なる点は、そのルックスです。繊細な模様が加工されていて、ちょっとだけラグジュアリー感を足せるような仕様に。

クラウドファンディングは12月28日までで、3240円から支援可能です。

©2018 ONE DESIGNS
©2018 ONE DESIGNS
Top image: © 2018 ONE DESIGNS
他の記事を見る
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...