ちょっとイタい「SNS投稿」8選。その演出、バレてます!

SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。

ライターのBobby Boxさんが「Elite Daily」にまとめたのは「SNSで見かける、ちょっとイタイ投稿」について。辛口コメントが、胸に刺さります。

01.
超計算してるくせに
「自然」を装う

ワイングラスを唇に添えて、わざとカメラ目線をせずに、そっぽを向いている。長い髪を少しだけ顔にかぶせているのは、じつはニキビができているから?ニセの「自然風」写真をあげている人はアウトです。

02.
セルフィを投稿して
「私、全然かわいくない」

「矛盾」とは、こういうこと。その写真を公開する前に10枚以上候補があったことなんてみんな気づいています。さらに編集までして、肌質までバッチリにしているのに「私ぜんぜんかわいくない…」とか言っちゃってる。本当は褒めてほしいんでしょ?でも、それはそれでカワイイけどね。

03.
ヘルシー志向を
必死でアピール

毎日青汁を飲む人なんて、本当にいるの?青汁の写真を投稿することで、昨日食べたハンバーガーの罪悪感をかき消そうとしているんでしょ?

04.
ハッシュタグ多すぎ

多ければ多いほどライク数が増えるんだろうけど、限度があります。場所のハッシュタグくらいならまだOK。#彼が大好き (#lovehim) #理想の仲間 (#squadgoals) #理想の恋人 (#relationshipgoals) なんて、それ本当に必要?もうやめてほしい!

05.
写真の加工に
必死

「Snapchat」と「Instagram」を行ったり来たり。

06.
何事もないかのように
「谷間」アピール

谷間をがっつり見せた写真に「月曜だるい」なんてコメントを添えてたり。なんの関連性があるのでしょう。

07.
違う角度から撮った
「同じ風景」を何枚も…

ハイキングへ行ったからって、何も同じような写真を10枚もあげる必要はありません。

08.
心配してほしいから
コメントは曖昧に

写真と一緒に「なんて最悪な日!」とかね。誰かに「どうしたの?」と聞いてほしいんでしょうね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
国連が制定した「世界食糧デー」に合わせ、おにぎりの写真を「#OnigiriAction 」とともにSNSなどに一枚投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。