ちょっとイタい「SNS投稿」8選。その演出、バレてます!

SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。

ライターのBobby Boxさんが「Elite Daily」にまとめたのは「SNSで見かける、ちょっとイタイ投稿」について。辛口コメントが、胸に刺さります。

01.
超計算してるくせに
「自然」を装う

02abb915e510e66cafa8ae0018bfbc92105b13a4

ワイングラスを唇に添えて、わざとカメラ目線をせずに、そっぽを向いている。長い髪を少しだけ顔にかぶせているのは、じつはニキビができているから?ニセの「自然風」写真をあげている人はアウトです。

02.
セルフィを投稿して
「私、全然かわいくない」

「矛盾」とは、こういうこと。その写真を公開する前に10枚以上候補があったことなんてみんな気づいています。さらに編集までして、肌質までバッチリにしているのに「私ぜんぜんかわいくない…」とか言っちゃってる。本当は褒めてほしいんでしょ?でも、それはそれでカワイイけどね。

03.
ヘルシー志向を
必死でアピール

833af435bd58eaf52349f4adefb34337a177ba81

毎日青汁を飲む人なんて、本当にいるの?青汁の写真を投稿することで、昨日食べたハンバーガーの罪悪感をかき消そうとしているんでしょ?

04.
ハッシュタグ多すぎ

多ければ多いほどライク数が増えるんだろうけど、限度があります。場所のハッシュタグくらいならまだOK。#彼が大好き (#lovehim) #理想の仲間 (#squadgoals) #理想の恋人 (#relationshipgoals) なんて、それ本当に必要?もうやめてほしい!

05.
写真の加工に
必死

「Snapchat」と「Instagram」を行ったり来たり。

06.
何事もないかのように
「谷間」アピール

B65e4c63b9be350d83a364fbdfbe171ccc78b64f

谷間をがっつり見せた写真に「月曜だるい」なんてコメントを添えてたり。なんの関連性があるのでしょう。

07.
違う角度から撮った
「同じ風景」を何枚も…

ハイキングへ行ったからって、何も同じような写真を10枚もあげる必要はありません。

08.
心配してほしいから
コメントは曖昧に

写真と一緒に「なんて最悪な日!」とかね。誰かに「どうしたの?」と聞いてほしいんでしょうね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...