ラグビー選手がSNSに自殺防止のOKサインを投稿。「話していいんだよ」と男性に向けてメッセージ。

「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。

アイルランドのラグビーチーム「Halifax RLFC」で活躍するルーク・アンブラー選手は、ハッシュタグ「#itsoktotalk(話していいんだよ)」とともに、OKサインをSNSに投稿した。きっかけは、4月に弟が自殺したこと。何の前触れもなくこの世を去ってしまった。

家族思いの明るい弟だった。

弟についてはこう説明している。週末に友だちとフットボールの試合をするのが楽しみで、家族や娘を愛するマジメで礼儀正しい人物だったという。急な出来事だったため理由はわからない。

自殺する男性は、
女性の3倍以上にも及ぶ。

彼は、幾つかの統計を参考にして、男性の自殺率が高いことを示している。

アメリカ自殺防止財団(AFSP)」は、米国内の男性の自殺件数が女性の3.5倍あると発表している。「イギリス国民統計局(Office for National Statistics)」によれば、英国内で自殺する男性の数も女性の3倍以上だ。オーストラリアにおいても同様であることが「Living is for Everyone」を見るとわかる。この傾向は、程度の差こそあれ多くの国で見られる。日本も例外ではない。

アンブラーさんはFacebookで「#ANDYSMANCLUB」というグループを作った。男性が悩みを気軽に打ち明けられるようにとつくられた場所だ。伝えたいメッセージとして発信されたのが、OKサインとハッシュタグ「#itsoktotalk(話していいんだよ)」だった。多くの人が拡散に協力している。

自殺防止のために、
相談できる環境を。

こうでなければいけないという思いは、強さと同時に追い詰められることにも繋がる。家族を養う大黒柱であったり、責任のある仕事があったり。男として弱音なんて吐けないというプレッシャーを感じていた可能性だってある。

真相はわからないけれど、少なくとも相談できる場所があれば違っていたのではないか、と考えての行動だ。ラグビー選手という男らしさを象徴する世界の人物が発信することにも意味があるのかもしれない。「The Telegraph」へこうコメントしている。

「誰だって両親や家族を困らせたくなんてありません。負担に思われたくないのです。妻や友だちに弱い奴だなんて思われたくない。私たちは、タフで、探求者であり、大きくて強くならなければいけない。

相談相手も冗談で返したくなるでしょう。男らしい反応を見せなければ、弱さを見せれば一斉に攻撃されてしまうかもしれません。

体重の相談をした人間を笑い飛ばせば、その場は楽しいかもしれません。しかし、それが相手を深く傷つけていることがあります。

問題を抱えていなくても、ちょっとでも気分が落ち込んだ時はどう感じているかを誰かに相談してください。手遅れになる前に。話していいんです。誰にだってみんな悩みがあります。前向きになれる方法を探しましょう」。

Licensed material used with permission by #ANDYSMANCLUB
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
自殺未遂をする数時間前に撮影をしたセルフィーだとして、SNSに投稿したZoeさん。その表情は和やかで、とても自らの命を絶とうとしているとは思えない。記事で...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、Instagramの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
10月27日、Instagramは自殺・自傷行為に関する規制を強化するためポリシーをアップデートした。今回のアップデートでInstagramはアニメや漫画...
「あなたの人生で、映画みたいな出来事があったら教えてください」。実名で投稿する海外のQ&Aサイト「Quora」で投げかけられた、ひとつの質問。これに対して...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。
Instagramは11月9日、アメリカでも「いいね数」を非表示にすると発表した。今週からテスト導入が開始される予定だ。さらに、今後使用時間に制限を設ける...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...