SNSを通して、あなたの「メンタルヘルス」を日常的にサポート。

これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。

啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋がる連絡先を提示していることについて。このような呼びかけを見かける度に「本当に緊急の時には連絡さえも難しいことがあるのではないか」という思いが頭に浮かんでいた。

こう考え始めたのは、以前にパニック障害と診断された知人の話を聞いてから。電車内という閉鎖された空間にいた時、症状が出た彼は、最寄りの駅で降りて落ち着くまで休んでいたそう。

「突然のことだからビックリした。だんだん不安になるのを感じていたけど、どうすればいいかがわからなかった…」

これは本人が言っていた言葉だ。これには私、ハッとさせられた。「何かが起きた時の為」のことを考えるのも大事だけれど、それが起きるまでにももっとできることはあるかもしれない、と。

緊急時じゃなくても
日常的に寄り添う

先に挙げた課題、少しでも解決に導いていくれるかもしれないと感じたInstagramのアカウントがある。「Sad Girls Club」だ。

世界中のミレニアル世代を対象に、メンタルヘルスについて会話する必要性や、コニュニティーを構築していくことを目的としている。

同アカウントが配信しているのは、「精神疾患はあなたが起こした“過ち”ではない」、「メンタルヘルスは身体の健康と同じくらい大切なもの」というように背中を押してくれるコメントから、上記のような文字とイラストを使って紹介する「落ち着くための50の方法」まで様々。

他にも、自分の精神状況を追っていくためのチェックリストを掲載している。「今日は自分をケアするために何をしましたか?」「今必要と感じていることは何ですか?」「何か悲しいことはありますか?」など、自身に問うための質問がいくつか用意されている。

これだと変化があった時、なるべく早く気づけるかも。

また、「不安を感じた時の対処の仕方」なども紹介。英語が読めないと少し難しいかもしれないけれど、どれも心に留めておくといいアドバイスばかり

メンタルヘルスに関する団体の多くはSNSアカウントを保持している。けれど、パッと見で比べた時に、Sad Girls Clubにはイラストや写真や漫画、そして動画で溢れていて、より関わりやすいアプローチになっているという印象。そんなところにも親近感を覚えたんだと思う。

Licensed material used with permission by @sadgirlsclub
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。
伝統的な“男らしさ”という価値観に悩みを抱えている人たちを対象にした「メンズメンタルヘルス」の紹介。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
米フィラデルフィア発のセレクトショップ「Anthropologie(アンソロポロジー )」のオシャレなマスクをご紹介。5月に日本公式オンラインショップもオ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
8月、「ハバリーズ」より、日本初の持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...