SNSを通して、あなたの「メンタルヘルス」を日常的にサポート。

これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。

啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋がる連絡先を提示していることについて。このような呼びかけを見かける度に「本当に緊急の時には連絡さえも難しいことがあるのではないか」という思いが頭に浮かんでいた。

こう考え始めたのは、以前にパニック障害と診断された知人の話を聞いてから。電車内という閉鎖された空間にいた時、症状が出た彼は、最寄りの駅で降りて落ち着くまで休んでいたそう。

「突然のことだからビックリした。だんだん不安になるのを感じていたけど、どうすればいいかがわからなかった…」

これは本人が言っていた言葉だ。これには私、ハッとさせられた。「何かが起きた時の為」のことを考えるのも大事だけれど、それが起きるまでにももっとできることはあるかもしれない、と。

緊急時じゃなくても
日常的に寄り添う

先に挙げた課題、少しでも解決に導いていくれるかもしれないと感じたInstagramのアカウントがある。「Sad Girls Club」だ。

世界中のミレニアル世代を対象に、メンタルヘルスについて会話する必要性や、コニュニティーを構築していくことを目的としている。

同アカウントが配信しているのは、「精神疾患はあなたが起こした“過ち”ではない」、「メンタルヘルスは身体の健康と同じくらい大切なもの」というように背中を押してくれるコメントから、上記のような文字とイラストを使って紹介する「落ち着くための50の方法」まで様々。

他にも、自分の精神状況を追っていくためのチェックリストを掲載している。「今日は自分をケアするために何をしましたか?」「今必要と感じていることは何ですか?」「何か悲しいことはありますか?」など、自身に問うための質問がいくつか用意されている。

これだと変化があった時、なるべく早く気づけるかも。

また、「不安を感じた時の対処の仕方」なども紹介。英語が読めないと少し難しいかもしれないけれど、どれも心に留めておくといいアドバイスばかり

メンタルヘルスに関する団体の多くはSNSアカウントを保持している。けれど、パッと見で比べた時に、Sad Girls Clubにはイラストや写真や漫画、そして動画で溢れていて、より関わりやすいアプローチになっているという印象。そんなところにも親近感を覚えたんだと思う。

Licensed material used with permission by @sadgirlsclub
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
エックハルトは、現代を代表する精神的指導者。「The Power of Now:悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」「A New Earth:意識が変わ...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...